ガス器具が急に使えなくなった!?ガスメーター復帰を試してみよう!

 料金を払っているのにガスが止まった!赤ランプ点滅ならガスメーター復帰方法を一度試してみましょう

さっきまで使えてたガス器具が使用できなくなった!
故障かな?と思う前にガスメーターからのガスの供給が止まっていないか簡単に確認できます。

ご家庭のガス器具が使えなく理由は基本的には「器具事態の故障」か「お家にガスが供給されていない」のどちらかになると思います。

さっきまで使用できていたけど急に使えなくなった時は「ガス器具の故障かお家にガスが供給されている」かの確認をまずしてみましょう

このどちらかの確認をするだけで「修理や新しい器具の購入や契約ガス会社に電話」などの判断も出来やすくなります。

ガス器具が急に使えなくなった時は違う器具が使用できるかで供給の確認ができます

急にガス器具が使用できなくなった場合にまず「器具の故障」か確認します。
コンロが急に使えなくなった場合は「給湯器」でお湯が出るか?

ほかの器具は使えるか?
この確認をし、使用できた場合は「お家にガスは供給されている」こととなり「器具の故障」と判断することができます。

この場合が「修理なら購入店やガス会社に修理依頼」などで対応してもらいましょう。

もしお家全体のガス器具が使用できなかった場合は「ガスメーターからの供給が止まっている可能性」が高くなります。

ガスメーターからの供給が止まっている場合はメーターの「赤ランプ」が点滅していないかの確認!

お家のガス全体の供給が止まっている場合に考えられる理由についてです。

  • お家のガス管のどこかでガス漏れしていて安全装置が作動。 

ガスメーターは安全装置がついています。

ガスメーターからお家の中に供給されているどこかで「ガス漏れ」している場合などは「安全装置が作動」してガスを止めてしまいます。

  • ガス料金を払っていない

ガス料金の滞納、支払い忘れでガスを止められている。

コンビ二で払える払い込み用紙の支払いにしている場合は料金の支払いを忘れている場合
もあります。

  • 地震の揺れやガスメーターに衝撃が加わり安全装置が作動

ガスメーターの安全装置はガス漏れ以外にも地震による揺れや衝撃でも供給を止める安全装置があります。

ガスメーター付近で掃除や何か作業をしていてガスメーターに接触し安全装置が働いたり、公園の近くならボールがあたったりと衝撃でもガスは止まるようになっています。

ガスメーターの復帰方法は簡単!赤ランプがついていたらボタン1つで復帰します!

もしガス器具の故障でなかった場合は「ガス漏れの可能性」もありますので必ずガス会社に電話してください

電話したらガスメーターを見にいってみましょう。
ガスメーターのランプが「赤く点滅」していたらガスメーターからの供給が止まっています。

ガスメーター 復帰方法

※各都市ガス会社やLPガス(プロパン)の会社によりメーターの種類に違いがあります。
上記の画像のように赤ランプが点滅するメーターもあれば「無いメーター」もあります。

赤ランプが点滅していたら「復帰ボタン を押して3分待ちます。
メーターが復帰するまでは「ランプは点滅」したままとなり、復帰したら点滅が終わります。

この赤ランプ点滅中に「ガスの使用」をしたら復帰できないので、お湯なども使わないようにしてください。

以外と復帰中に給湯器の電源は入っていて洗面所などでお湯を出そうとしてしまい復帰に失敗などもあります。

復帰方法を試して時間が経っても復帰しない場合は「ガス漏れの可能性やメーターの故障の可能性」があります。

この時点でガス会社に報告したらガス漏れ検査などをする為に訪問してくれるでしょう。
プロパンガスのメーターなどでランプがないガスメーターや復帰方法が異なる場合があります。

復帰ボタンはついているはずですが、ご自身で試す前にまずは「ご契約のガス会社」などに報告はしてください。

関連記事

  • 故障ではないかも!?ガスコンロの火がつかない時にしてみる3つのこと
  • コメント

    タイトルとURLをコピーしました