お風呂の追い焚きの後付けは簡単!?設置費用や条件など元営業マンが解説!

お風呂の追い焚き機能が無いご家庭の方は「追い焚き」があるお風呂にしたいと考えている方も多くいると思います。

しかしお風呂に後付けで工事をする「凄い大変な工事」とイメージもありますが、実際は簡単に工事ができてしまう事がほとんどです。

今回の記事では追い焚き付のお風呂にしたい方や「全く追い焚きを使用していない」ご家庭なら無くすことも出来きたりします。

お風呂は毎日使用する家庭の部分でもありますので、今後工事をする時の参考になればと思います。

また何十万円と言う工事費用でも、月々3.000円ぐらいからの分割にも応している業者も最近では多く負担なく工事できる場合がもあるので、そのあたりの説明もさせていただきます。

お風呂の追い焚き後付け工事は給湯器が追い焚きに対応しているかが重要!

お風呂には色々な種類があり、大きく分けて「在来浴室」や「ユニットバス」などといった種類に分けられます。

在来浴室と言うのは「壁がタイル」などで作られた昔ながらのお風呂でシステムバスは組立て式ののお風呂のことです。

この2種類のお風呂の中で、「追い焚き」が無いお風呂も多くあり、まずはこのこの追い焚きの仕組みについて簡単に説明させていただきたいと思います。

後付工事をするにしても「給湯器や風呂釜」などを選ぶ必要性があり。今のご家庭に追い焚きの機能がなく設置を検討しているご家庭は、現状の給湯器が「追い焚きに対応」しているかの確認が必要となります。

工事後に後悔しない為にも、仕組みや種類を理解して頂く事で、工事は難しいことはなく費用も大きくかからずできると理解していただけるのではないかと思います。

給湯器は似たような形でも「追い焚きが出来るタイプと出来ないタイプ」がある

毎回お湯を捨てるのがもったい無い、1人しか入らない場合もあり次の日も入れるだろう、などの理由などで、追い焚きを検討することがあると思います。

そして外に設置されている給湯器を見て、「お隣の給湯器と同じ形」でお隣は追い焚きがあるし家もできるだろう!

と思った方もいるかもしれません、しかし給湯器は同じような形や大きさでも追い焚きが出来ない機種があり、給湯器の販売や工事をしてる人以外は見分けることは難しいともいえます。

取扱い説明書を見ても書いていないと思うので判断が難しいと思いますが、基本的に元々追い焚きができないお風呂の給湯器は「対応していない」と思っても良いでしょう。

給湯器の価格はパワーや追い焚きの機能が「有る、無い」で価格が数万円変わります。

追い焚きがないお風呂に価格の高い不必要な機種を入れることは考えにくいと私は思います。

ゆくゆくは出来るようにしたいから、設置している場合もあるかもしれませんので確認方法がわからない方はメーカーに電話して確認しても良いでしょう。

リンナイやノーリツの給湯器なら上記公式HPに電話番号が載っています、機種の品番が解る説明書や本体にも書いていますので、メモをして電話したら確認ができます。

お風呂のお湯を温める追い焚き機能は「ポンプ循環式」と「自然循環式」があります

まずはじめに、お風呂の追い焚きの仕組みなどについて説明させていただきます。

追い焚きをする機械については「ポンプ循環式と自然循環式」があり、この2種類の違いは言葉の通りお風呂の水やお湯を「ポンプで吸い上げて機械で温めるのがポンプ循環

浴槽のお水やお湯が自然の流れで機械に流れ温めて浴槽に戻るのが自然循環式となります。

言葉だけでは解りにくいと思いますので、画像を見ていただければ理解していただけると思います。

自然循環式 風呂釜

上記の画像が自然循環式の風呂釜となります、画像を見て頂いて右側に風呂釜から2本筒が上下にあると思います。

この二本の筒がお風呂の浴槽につながっていて、水やお湯が循環して釜の中でガスを使用し燃焼して水やお湯を温めて2本の筒を水が自然に循環する仕組みとなります。

現在浴槽に2つ穴がある場合は自然循環式の浴槽になると思います。

ポンプ循環式の風呂釜とは?

続いてポンプ循環式の風呂釜についての説明となります。

私個人的な意見では追い焚きを後付けする場合はポンプ循環式をおすすめします。

理由は手入れや便利性についてなど多くあるので、そのあたりも説明させていただきたいと思います。

ポンプ循環式の特徴やメリットは「お手入れしなくて良い」ことや風呂釜ではなく今の給湯器はポンプ循環となっていて一体型となっています。

今の給湯器は風呂釜と一体式となっているので、現在給湯器で追い焚きができるご家庭はキッチンなどからボタン1つで追い焚きなどができるご家庭がほとんどだと思います。

しかしポンプ循環式の機械でも給湯器と一体型ではない機種もあり、この選択やオプションで使用する便利性が大きく変わることがあります。

ポンプ循環式の風呂釜は一般的に家の外に設置されている給湯器と形は似ています。

給湯器 後付け

給湯器一体型もポンプ循環式の風呂釜も上の画像のような形で大きさなどが変る程度で一歩の方ならあまり見分けがつかないと思います。

しかし形は似ているものの機能は大きく違ってくるので、「追い焚きを後から工事」する場合はしっかり便利性などの判断で選ぶ必要性があります。

 給湯器一体型とポンプ式の風呂釜の違いやメリットなどについて

追い焚きを後から工事する場合に「どのような機械」にするか?をまず選びます。

給湯器で追い焚きができるタイプの特徴やメリットは「器具が一台になりお湯の温度調整や追い焚きも一つのリモコンでできる

ここが大きな特徴となり便利な部分でもあります、給湯器の購入は「本体+浴室リモコンと台所リモコン」がだいたいセット販売となっています。

給湯器では台所や浴室、洗面所などのお湯を作ったりしていますので、そのお湯を作る温度調節にあわせ浴室の追い焚きなども「台所リモコン」で浴室に行かずできたり、「浴槽のお湯張り」などもできます。

もしポンプ循環式の器具にすると、お湯を作る給湯器とは別になるのでリモコン操作はもちろん別となり、追い焚きをする場合でも浴室にわざわざ行く必要があります。

オプションで台所リモコンもありますが、もし台所に給湯器のリモコンがすでにある場合、台所にリモコンを2つ取付となるので邪魔になったりしますし、取付場所が無い場合もあります。

知り合いの工事業者などに頼むと機械の特徴などの説明はなく、ただ安いだけの機種を取り付けてもらったりすると、ポンプ式の風呂釜や自然循環式の釜を取り付けられることも多くあります。

私がガス器具の営業をしていた時に追い焚きがないご家庭で、給湯器の取替え工事をする時は必ず給湯器で追い焚きもできるタイプをおすすめしていました。

追い焚きの後付け設置は「浴槽を変える必要は無い」

今まで追い焚きがないお風呂で、あれば便利とは思っていた場合でも「浴槽を変えなければならない?」などの考えで工事費が大きくかかりそう、、

などの思い込みで諦めていたご家庭も多くありました、しかし実際に追い焚きを後から出来るようにする場合でも「浴槽は変えなくて良い」のです。

新たに追い焚きを設置する場合は浴槽からお水をポンプで吸い上げる穴が必要になります、この穴を浴槽にあけるだけなので、入れ替えは必要ありません。

もちろんお家の構造で浴槽に穴をあける作業が困難な場合もありますが、だいたいのご家庭ができると思います。

工事費用は給湯器の取替え時が安くでき、後付けだけの工事の方が割高感があります

追い焚きの後付け設置は給湯器の取替え工事の時に行うことが一番安く工事できます、なぜなら給湯器の工事費用+追い焚き(浴槽の穴あけや、お水を循環させるチューブ代や施工費)となりますが、給湯器の標準工事費に少し+するだけで工事ができるからです。

工事費も給湯器の取替え工事+2万円~5万円程(業者の見積もりや工事内容で変ります)で出来ることがほとんで、もし追い焚き設置だけの工事で業者に来てもらう場合は部品代や工事費を合わして最低5万円~にはなると思います。

給湯器が8年以上経っているなら私は給湯器の経年劣化を考えて同時に工事をしても損はないと思います。

給湯器と追い焚きの工事は朝から工事を始めれば夕方には終わることがほとんどです。

お家の構造により追い焚き工事が困難なことや工事費が高くなる場合も!

元々お風呂に追い焚きがないご家庭でも、給湯器を追い焚き式に変えた場合は、浴槽に穴を開けて簡単に工事ができるお風呂も多くありますが、お風呂の構造などで工事ができない場合や工事費が凄く高くなる場合もあります。

浴槽が家の壁に面してある場合ばどは比較的通常の工事でできる場合が多いのですが、浴槽が壁に面していない場合や「給湯器の位置とお風呂の位置が凄く離れている」場合などは通常の工事より少し高くなる可能性があります。

このあたりは業者に見積もりをしてもらう時に判断できると思いますので、今後工事を検討される方は見積もり時に相談してみて下さい。

見積もり比較なしで工事をしようとしていませんか?数万円損をする可能性も!

給湯器などの工事は安い費用でできる工事ではありませんので2社以上の見積もり比較はした方が「数万円安くなる」 ことはよくあります。

リフォーム関係の業者は昔から悪質な業者が多く存在します。

給湯器の工事で35万円や40万円以上かかる場合や、リフォーム業者や給湯器などの工事の知り合いや、地元の業者が信用できる業者かわからない方はネットで一括見積もり依頼などをおすすめします。

ネットの比較業者は大丈夫?と不安になるかもしれませんが比較会社大手のリショップナビなどの厳しい業者審査をしている比較業者の利用をおすすめします。

また業者を紹介してくれるのと、見積もり以来した後、断る場合も直接業者に言わず、一括見積もり業者へメールで断ることもできます。

見積もりした後に断るのが苦手な方も多くいると思いますので、その様な方にも気を使わず利用できるとこがメリットといえます。

工事費用は分割の利用で負担を軽くできる!月々3,000円ぐらいからから追い炊き後付工事はできます

工事の内容にもよりますが、追い炊きの後付け工事は給湯器などの交換や通常の工事より少し費用が高くなるので15万円~30万円台(給湯器の種類や工事内容で費用は変わります)となります。

追い炊きができる給湯器に変更し工事をしたいけど工事費用を一回での支払いがしんどいから諦めている方は月々の分割でのお支払いなどで工事をすることもできます。

もちろん手数料などもかかりますが、一回での支払いがしんどい場合などは月々の支払いに対応してる業者に相談してみると良いでしょう。

毎月3,000円や5,000円など無理のないプランを提案してくれると思います。

ネットの比較業者を利用する場合は、見積もり入力もリフォーム希望の欄で「給湯器と追い炊き後付け工事の見積もり希望」と書き3分ほどで入力もできます。

リショップナビなどを利用すれば3分もあれば簡単に一括見積依頼ができます、この時に月々でのお支払い希望したい方は「分割での支払い希望」も書いていると対応している業者をしてくれると思います。

今はネットで少しの手間で少しでも安く工事ができるので是非活用してください。

関西エリア限定ですがリフォームのトリセツ比較が最安値の業者が見つかると思います。

追い炊き後付け工事の無料見積りは公式サイトから:関西優良リフォーム一括見積りなら【リフォームのトリセツ】

追い焚き追加工事をする時に浴室リフォームを検討するご家庭もすくなくありません、浴室リフォームをお得にする方法も記事にしています。

[card2 id=”87″] [card2 id=”28″]

注目記事