一人暮らしに最適な冷蔵庫の選び方を解説!おすすめ冷蔵庫3選

この記事では一人くらしの最適な冷蔵庫の選び方をご紹介させていただきます。

もちろん料理のする回数や電気の省エネ性を重視するのか?価格で選ぶのか?

人により選ぶ冷蔵庫の容量や性能は違いますが、選ぶ基準をご紹介させていただきますので、これから買う家にあった冷蔵庫を見つける参考になればと思います。 

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶポイントとは?おすすめ冷蔵庫も紹介!

 学校の都合であったりや仕事の都合であったりなどと様々な理由で、ひとり暮らしをする事になった人が物件が決まって最初に悩むなら、やはり…定番の家電製品選びではないでしょうか?

1950年代後半で家電の三種の神器とされたテレビ、洗濯機、冷蔵庫は、現代でも部屋のレイアウトやスペースによっては悩む製品だと思います。

ちなみに1960年代はテレビ、クーラー、自家用車が三種の神器とされ、平成の初頭ではデジカメ、DVDレコーダー、薄型テレビなどが神器とされ。

時代と共に庶民の求める神器のニーズというものは移り変わってきました。

ですが、ひとり暮らしだけにスポットをあてるとするならば50年代に代表されていたテレビ、洗濯機、冷蔵庫を最初に求めるものだと思います。

その中でも特に悩んでしまうのは冷蔵庫ではないでしょうか?
 
テレビは最近では見なくなってしまった若者も増えて必要性が薄れてきているし、洗濯機も買うよりサービスが良いコインランドリーやらクリーニング屋に行く人が増えた近年では冷蔵庫の方が重宝されてるケースが多くなっているように思えます。

しかし、冷蔵を買うにしてもどのような冷蔵庫が最適なのでしょう?
 
ひとり暮らしの場合、部屋の大きさや冷蔵庫を置くスペースに左右されるのは当たり前ですが、どれくらいの物を買うのがベストなのか?

容量で選ぶべきか?値段で選ぶべきか?節電で選ぶべきなのか?入口は非常に幅広くもあり、どれが選べばよいのか分からなくなってきてしまうのもしばしばですが、色んなケースを踏またうえでひとり暮らし用の冷蔵庫を選んでみようと思います。

ひとり暮らしの冷蔵庫を選ぶ前のチェック

  • 自分の料理頻度チェック

ひとり暮らしをして冷蔵庫を買う前にチェックしておきたいのは、自分自身が料理をどれほどするのか?

又は今まではしていなくても、節約のためにどれくらいの料理をしていく決意があるのか?を考えておかなくてはなりません。

見栄や見た目を優先すると後で後悔をする事にもなりかねないので、まずは己を理解することが大切です。

  • 住まいの環境チェック

外国製品など安かろうの冷蔵庫は動作音がうるさいケースが多々あります。

また、それ以外にも小型であればあるほど動作音が響く冷蔵庫もあるのでワンルームマンションなど響く構造の環境にお住まいになった方は自分が音が気になる気にならないもありますが、住んでる環境も考慮に入ながら冷蔵庫を選ぶのも大切です。

  • 冷凍庫や野菜室チェック

暑い夏を乗り切るためには冷蔵庫以外にも冷凍庫は必要不可欠ですけど、
料理をしない人からすれば野菜室は邪魔に感じてしまうかもしれません。



豆に料理をするなら別ですが、そうでないなら必要か不必要かを考えて
購入を考える必要もあると思います。


ひとり暮らしの冷蔵庫を容量で選ぶ場合

ひとり暮らしに合う冷蔵庫の容量はどれくらいのものなのか?

料理をする・しないでも変わるし飲料中心かそうでないかでも変わるが、オーソドックスな冷蔵庫の容量計算は下記のような計算式になってくる。

  • 70L×人数+常備品分(100L)+予備(70L) ※L=リットル

この計算式はあくまで目安でしかなく、常備したい品物によっては、小さい冷蔵庫だと満足に使えないようなことに成りかねない。

容量主体で考えた場合、計算式のプラス100Lくらいを余裕見て買うのが、食材を入れたり、飲料を入れる人にとっては良いかもしれません。

ほぼ、冷やす以外は使わないという人ならば120〜140Lくらいがおススメ。


料理はそこそこする人であるならば200〜250Lくらいがおススメです。

尚、料理はしなくても安いだけで100Lくらいのものは本当に大したのを入れられないので個人的にはお勧めは出来ません。

ひとり暮らしの冷蔵庫をサイズ スペースで選ぶ場合

ひとり暮らしの方は大半が1ルームマンションを選ぶ方が多いと思います。

1ルームマンションの場合、冷蔵庫のおけるスペースには悩むところです。

しっかりとスペースを確保されてる場合でも希望の幅や高さが合わないで、断念せざるおえないケースも多々あります。

スペースを確保していないで、部屋に直置きならばスペースを気にせずに設置も出来ますが部屋の広さを考慮しないと変に部屋が狭くなってしまう場合があるので注意が必要です。


ですので、幅で冷蔵庫を選ばなければならない場合も考えて冷蔵を買うのは必ず部屋を見て、スペースがあれば幅、奥行き、高さをしっかりと測り、それ以外にもコンセントの位置なども事前に把握しておく必要があります。

また、サイズがよくても冷蔵庫には右、左と扉の開き方も考慮が必要です。

せっかく希望のサイズが見つかっても扉の開き方によっては設置不可になるケースもあるので、そこも十分に注意して購入が必要となります。

ひとり暮らしの冷蔵庫を節電で選ぶ場合

ひとり暮らしの方で節約意識が高い方は省エネには非常に敏感だと思います。

容量やその時の商品の値段よりも長く使うコストを何よりも重要視する考えは非常に素晴らしいと事ですが、節電量に関してはメーカーで様々です。

  • 2ドア 約140L 節約量 約7830円  省エネ率127% 
  • 2ドア 約185L 節約量 約8640円  省エネ率129% 
  • 2ドア 約270L 節約量 約10530円 省エネ率121%

※上記は国内メーカー商品の大体の目安です。

省エネに関してはメーカーで本当にバラバラであり、機能面もあるので選ぶのは難しいかもしれませんが、大きさで微妙に節約量が違いますが、大体は約8000円くらいは省エネを重視すれば節約が可能だといえるかと思います。

ひとり暮らしの冷蔵庫選びまとめ

ひとり暮らしをする際に、もっとも最適な冷蔵庫サイズは200L前後くらいが、おそらく色んな用途で使い勝手な良く、またドア数は3ドアは多すぎなので、2ドアくらいが丁度よく使えるのではないでしょうか?

1ドアだと冷凍庫部がほとんど使えるスペースがなかったりしたり、場合によっては冷凍庫が無い仕様の冷蔵もあるので、はやり冷凍庫の機能を兼ね備えているのは必須な条件だとは思います。

料理をする場合でも1人分だけで考えれば大容量ってほどは必要はないですが、でも大きめのペットボトルを入れたりや作り置きの料理を入れておくならば自分が必要とするサイズの少し大きめが良い感じにストレスなく使用も出来ることでしょう。

節電は考える必要はありますが、そこまで神経質にならなくても良いところの様な気がします。

今の最新の製品の大半が節電を意識したのが多いので個人的には節電をかなり重要視をする必要はないとは思いますが、省エネ重視な人は節電を中心しながら選ぶのが良いかもですが、そこばかり意識しても色々と我慢をしなくては駄目な事が多々あったりするのかもしれません。

後は動作音は気にしたいところです、値段がやたらと安い製品でも使用してストレスがたまってしまうほどに気になってしまうものは、例え安くてお買い得感があったとしても最終的には買い換えるケースになるやもしれません。

  1. 2ドアを選ぶ 
  2. サイズはスペースで要相談 
  3. 容量は200L前後 
  4. 動作音がうるさくない。 
  5. 省エネはある程度

この5つの項目を抑えた商品こそが、ひとり暮らしにもっとも合う冷蔵庫だといえるのではないでしょうか?

値段に関しては家電ショップよって流動的なところがありますので予算に見合う範囲で5項目を抑えておけばベストですし、予算を少し飛び越える場合であっても5項目の条件が崩れるようであるならば、ほんの少しくらいは背伸びしてみても良いのではないでしょうか?

肝心なのはその場の値段の安さではなく、長く使用して長くメリットを感じ、デメリットを少なくしながら快適に使っていける製品こそがベストだと思うので項目を気にしながら快適なひとり暮らし生活をエンジョイして下さい。

一人暮らしに最適な冷蔵庫おすすめ①シャープ 冷蔵庫 小型 2ドア 118L シルバー SJ-H12B-S

  • 壁際に設置した場合の壁からのスペース:305mm 以上
  • 2Lペットボトル収納数:冷蔵室2本
  • ドアタイプ:片開きタイプ

シャープの小型冷蔵庫で安心の国内メーカーなだけあり安心感はあります。

また小型ではありますが、小さすぎず大き過ぎずと安定した容量となっています。

気になる音の問題は、レビューなでは人それぞれの意見があり、煩くさいと感じる方もいれば煩いと感じる方もいるようです。

音などは人により感じ方が違うので当たり前にはなりますが、この価格に海外メーカーの冷蔵庫と比べれば音は静かな方ではないかと思います。

一人暮らしに最適な冷蔵庫おすすめ②シャープ 冷蔵庫 小型 2ドア 高品位ガラスドア採用 プラズマクラスター搭載 137L ピュアブラック SJ-GD14C-B

  • 壁際に設置した場合の壁からのスペース:25mm 以上
  • 2Lペットボトル収納数:冷蔵室3本
  • ドアタイプ:つけかえどっちもドア

先ほど紹介した冷蔵庫より少し容量が大きいのと、デザインや見た目に少しこだわりたい方などはガラスドア、プラズマクラスター搭載タイプもおすすめの1つです。

ガラスドアなので高級感はあり、また良い部分の特徴でドアの開きを右や左と変えることができます。

プラズマクラスターもついていて、機能としても十分な冷蔵庫でしょう。

一人暮らしに最適な冷蔵庫おすすめ③BESTEK 冷蔵庫 小型 冷凍冷蔵庫 直冷式 2ドア 85L 右開き BTMF211

  • 【コンパクト設計】置き場所に困らない2ドアの冷凍冷蔵庫です。冷凍室 25L・冷蔵室 60L たっぷり容量で、2Lペットボトルや瓶も収納できます。 ひとり暮らしの方や寮や共用生活をしている人の部屋でも大活躍です!
  • 【静音化・省エネ】騒音レベル約25dB、木の葉のふれあう音レベルです。年間消費電力量約300kWh/年、年間電気代目安:8250円(税込)。
  • 【 温度調節機能】7段階の冷却度が調節できます。庫内灯付きで奥の食品まで見やすいです。
  • 【棚取り外し可能】棚取り外し可能で、整理や掃除しやすいです。耐熱性能天板に電子レンジも載せられます。
  • 【※ご注意: BESTEK 製品は 株式会社ベステックグループ のみが正規販売店ですので、十分ご注意ください】※製品保証期間:一年間 

 85Lと小型で料理を頻繁にする方には食材の保管が多くできないため不便のサイズかもしれません。

しかし一人で住む場合で料理頻度が少ない方や、家族で住んでいる場合の部屋の自分用やセカンド冷蔵庫としては最適なサイズではないかと思います。

またアマゾンでもベストセラーにもなっていて評判も良い冷蔵庫の1つと言えます。

人気の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました