簡単!プロパンガス料金が都市ガスなみに安くなる!節約より役立つ方法教えます!

プロパンガス 料金 高い 節約

高いプロパンガスの料金を節約以外に安くする方法があるのをご存知ですか?

プロパンガスと言えば「料金が高い・ガス代節約」などのイメージがありますが、プロパンガスも都市ガスぐらいの使用単価にできる方法もあります。

「プロパンだから高い、、、」と諦めるのではなく「プロパンガスでも節約意外にガス料金を安くする方法」などについてまとめさせていただきます。

アパートやマンションなどにお住まいで今までプロパンだからガス代の節約を中心に考えていたご家庭も「プロパン会社の契約変更」で大きくガス代が安くなったご家庭もあります。

全てのご家庭でできることではないのですが、「賃貸契約」で借りている住居でもガス料金を大幅に節約できる可能性があるので参考になればと思います。

プロパンガスの料金は節約よりもガス会社の変更で都市ガスなみに!節約しなくても大幅にガス料金を減らせます!

 プロパンガスと言えば「ガス料金が高い」と言うイメージですが、これはイメージでは無く実際に都市ガスの使用単価と比べて高いガス料金のプロパンガス会社は多く存在します。

プロパンの使用単価の高さは地域よりかわりますが、プロパンを使っていた方が都市ガス地域に引っ越してきたときは「都市ガスは凄くガス代が安い!半分ぐらいになった!」と言っていたご家庭も多く、プロパン使用時は頑張って節約していたけど都市ガスは単価が安く節約しなくても十分プロパン使用時より安いといわれています。

本当は暖房はガスファンヒーターが速暖で好きだけど「プロパンだから高熱費節約」 のためにガスの暖房を我慢しているご家庭もあると思います。

プロパンガスと言っても地域の会社使用単価がことなり、「安いガス使用単価のプロパン会社もあれば高い会社」もあります。

この安いプロパン会社の料金なら都市ガスと比べてもガス代がほとんど変らない料金でガスが使えたりします。

高い料金のガスを使っていても契約しているプロパンの会社を変更で、ガス代の大幅な節約をできる場合があります。

プロパンの高さの悩みは一戸建て住宅の方や「マンションやアパート」で賃貸契約でお住まいの方に多く聞きます。

マンションやアパートの賃貸契約だから「ガス会社は選べない、、」と考えて節約ばかりで頑張ってしまうかもしれませんが諦めてはいけません!

マンションやアパートに住んでいてもプロパンガスの使用をを節約しなくても都市ガスなみに安くできたケースも!

料金単価が高くて節約も大事ですが、根本的な「プロパンガスの料金の単価を下げる」ことにより「節約しなくても大幅にガス代」を下げる方法などを紹介したいと思います。

プロパンガス料金は都市ガスと比べてなぜ高い?高い料金の裏には驚きの理由も!!

プロパンはそもそもなぜ「都市ガスの料金と比べて割高に設定」されているのか?

もちろんガス使用単価の安いプロパン会社がありますがほとんどが「都市ガスと比べれば割高」になっている業者がほとんどです。

プロパンガス料金が都市ガスの料金と比べて高く設定されている理由はコストや人件費などさまざな理由がありますが「ガス会社の価格設定が高い」の理由が大きな理由になります。

プロパンの料金単価の設定は「会社が独自でガスの使用単価を決める」ことができます。

この「会社ごとに使用単価を決める」ことができるので「高いガス料金単価」となり都市ガスより料金が高くなります。

都市ガスは「公共料金」となります、公共料金となればガス会社は単独で簡単にガス料金を上げたり下げたりできません。

値上げや値下げが政府の許可などが必要になったり、政府の監視などもあり全国レベルで適性な価格設定となっています。

  • 公共料金は「電気・都市ガス・水道」などが公共料金の部類となります。 

最近のニュースで言えば東京電力が「原発の廃炉費用や賠償の費用」を電気代の「送電使用料に上乗せ」案がでて政府に許可を取ろうとしています。

東京電力などは「公共料金」なので値上げには「政府の許可」が必要です、都市ガスの会社も同じようにガス料金の値上げや値下げには許可が必要となります。

一方プロパンガス会社は「自由価格」となり、料金の値上げや値下げを「自由に設定」できるので、高く設定されている場合が多くなり料金が高い原因となります。

プロパンガス料金が高い理由①都市ガスが利用できない地域でライバル不在での価格設定の強気!

プロパン業者はなぜ単価をを高く設定しているのか?

この理由は「都市ガスがきていない地域でプロパンガスしか使えない」 ことなども理由の1つとなります。

単価が安い都市ガス会社のライバルがいなければわざわざ単価を安くして利益を減らすことはないなどの理由も要因の1つ。

またプロパン業者も地域に昔から根付いている業者で縄張り的なこともあるようで、ほかの業者が入りにくい体質なども関係しています。

まともな価格設定している業者もありますが、基本的には「自由価格でライバルがいない場合は割高」 に設定されていることがほとんどです。

プロパンガス料金が高い理由②一戸建てマンションやアパートの大家さんとの契約で工事代などの負担で利用者からの料金回収!

アパートやマンションでプロパンガスを一括で契約して貰えばプロパンの業者も利益が上がります。

一括で契約して貰うかわりにプロパンの業者は「給湯器の取替えやガスの工事やを無料や格安」で行ったりしてマンションやアパートの大家さんにも良い条件で一括契約してもらう業者もあります。

この「格安や無料などで行われるガス関連の工事代をプロパンガスの単価に乗せて」回収している業者もあったり料金単価が高く設定されていたりします。

昔と比べれば今はこのような「業者の大家に対するサービス」も少なくなってきていますが、今だ昔からの流れなどで続いているのも確かです。

大家さん側したら給湯器の工事代などが安くできたりするのでメリットがありプロパンの会社もガスを使って貰えれば利益がでるので双方にメリットがあると言えます。

ただ利用者からしたらガス代が高いデメリットとなります。

都市ガスとプロパンガスの料金比較!最大2倍以上の差も!

都市ガスは使用単価が安くてプロパンガスは高い。

ここまでは良く聞く話しではありますが、「実際は都市ガスとプロパンガスの料金はどれくらいの差」があるのか?

料金の差は知らない方は多いと思いますので、参考になればと思います。

もちろんプロパンガスや都市ガス各社により単価に違いはあるので一概には言えませんが安い都市ガス会社と高いプロパンガスの料金では2倍以上の差がある場合も!

  • 都市ガスと比べプロパンガスの料金は「同じか少しやすいです〜2倍以上」

え!?プロパンの方が都市ガスより安い場合があるの??
と高いイメージとは逆になるかもしれませんが、プロパンガスにははプロパンガス協会の「適正価格」というのもあります。

協会が「料金の適正価格を発表」しているにも関わらず「なぜプロパンガスは高いのか?

それは先程も説明会しましたが「自由価格で公共料金」ではないからです。

全国のプロパンガス会社が各協会の【適正ガス使用単価】での販売でガスを売ると、ほとんどの地域で都市ガスとプロパンガスの料金の差は「ほぼ同じ料金か1.6倍ぐらいまでには収まる」と思います。

しかし「自由価格」や大家さんとのコンロや給湯器やガスの工事などを無料や格安で行うことの差額分などが「ガスの単価に乗ったり」高い場合では「都市ガスと比べ2倍以上の差」がでたりします。

一戸建てやアパートやマンションの賃貸でも諦めることはない!プロパンガスの料金が高くてなんとかしたい!今の時代なら節約に頼らない「安くできる」可能性があります!

プロパンガスの料金が高くて「なんとかしたい!」と思っていても「アパートやマンション」を賃貸で住んでいるので「諦めている」方は多くいてると思います。

高いガス料金から逃れるには

  • プロパンガスの会社を適正価格の会社に契約変更
  • 都市ガスの地域に引っ越し
  • 基本料金や使用単価をガス会社に値下げ交渉

などになると思います。
たまたま引っ越しするタイミングとかなら引っ越し先を「都市ガス」がきている地域にするか、プロパンガス地域でも「契約前に不動産屋で適正な物件」などで相談、交渉できます。

しかし引っ越す予定もないのに「ガス代が高い」の悩みだけで引っ越すのも引っ越し代とかが大きくかかったりして「引っ越し代かかるならこのまま頑張って節約、、」となかなか出来ないのも現状です。

プロパン料金を安くする手段としては「ダメ元で大家さんに相談

これはしてみるべきだと私は思います、実際大家さんに相談して「プロパンの業者を適正価格の業者に変更できたまたは基本料金や単価の値下げに成功」などの声もあり、諦めずに相談してみることは大事です。

この相談も一戸建で自己所有の家ならば「一戸建ての持ち家ですぐにガス会社の変更」ができますが、集合住宅の場合は一戸建てと違いプロパンガスの契約は基本的に一括の契約なので
1件だけ契約変更」 というのはなかなかできません。

そこでアパートにお住まいの何件かの家庭で大家さんに「適正価格のプロパン会社に変更かガス料金の基本料金や単価の値下げ交渉」の話しをもちかけます。

ガス料金の基本料金やガス単価の値下げは「直接ガス会社との交渉」で安くできるケース。

ガス会社とのガス使用の契約は入居社がガス会社とおこなっているため、基本料金や単価の値下げは「直接ガス会社に連絡してほしい」と言われることもありますが、ガスの基本料金や単価の値下げは「1件単位では難しい」場合がほとんどです。

1件値下げした場合同じマンションやアパートに住んでいる方に値下げの話しが広まると「全件値下げ」しないとクレームとなります。

そうなると大家さんにも迷惑がかかるので1件単位の基本料金やガス料金単価の値下げ難しい場合が多いと思います。

そこで「住民何件かで大家さんに相談して大家さんからガス会社に相談してもらう

大家さんも空室が増えたり変なトラブルは避けたいのが心情と思いますので、ガス会社へ値下げの相談はしてくれると思います。

プロパンガス 料金 高い 節約2

一戸建てやアパートやマンションでは今は空家が多くなっていて大家さんは「空家」になるのが1番困る!高いプロパン業者への変更のかけ引きに!

アパートやマンション一戸建ての賃貸住宅はは今の時代空室が多く大家さんも頭をかかえる問題となっています。

市街地の駅が徒歩圏内とかならマンションや一戸建てでもまだ入居者はいますが、駅から距離があったり市街地から離れた場所で築年数が20年以上となるとなかなか新しい入居者は見つかりません。

テレビなどのニュースでも見たことがある方も多くいていると思いますが、今マンションやアパート、一戸建ての空き室が凄く多くなっているのが現状です。

今賃貸住宅の一戸建てやアパートの経営をしている大家さんは抱えている不動産物件が「空室」が増えると良い立地ではない限りなかなか新しい借り手が見つかりません。

もしお住まいのマンションやアパート、一戸建ての賃貸住宅で「プロパンガス料金が高い業者」と判断できた場合は「引越しを考えている」と伝えプロパンガスの業者を「適正価格でプロパンガスの販売をしている業者に変更できないか?」と交渉することも可能です。

ただしこの交渉も1件だけでするのではなく、お住まいの何件かで交渉するのが「プロパンガス会社の変更や料金の値下げ」の効果がでたりします。

お住まいの大家さんが一番困るのは「空室が増える」ことです、一括契約しているプロパン会社がどれだけ給湯器やコンロやガス関連の工事を格安や無料でしてくれるとしても「空室」が多ければ収入にならないので意味がありません。

家賃が入らなければ「一戸建てやマンションやアパートの修繕費」などの運営してくお金が貯まらないので一番困ることとなり、「入居者からのガス会社変更や値下げ交渉の声があがっていて、これ以上空室が増えるぐらいなら、、、」と業者の契約変更を承諾してくれる大家さんもいるはずです。

一昔前のどんどん入居者が見つかる時代では今はありません、町で「空室ばっかり」のようなマンションやアパートも見かけると思います。

今の時代だからこそ交渉がしやすいと言えるのでプロパンガス料金の高さに悩んでいて節約にも限界があるので一度大家さんに交渉してみても良いと思います。

 

一戸建て住宅で高いプロパンガス料金なら簡単に契約変更でガス料金の節約!

一戸建て住宅で自己所有の住宅なら本当に簡単にプロパンガスの会社の変更ができます。
業者の変更には「お金がかからない場合」などもありガス代を大幅に安くできます。

自己所有の一戸建てにお住まいの方も「プロパンは高い」とは思っていてもプロパンガスが「自由価格」ということ知らず「プロパンガスだから高い、節約で頑張ろう」と思っている一戸建てににお住まいのご家庭が多いのも確かです。

自己所有の一戸建にお住まいの方は「全ての判断が所有している方」でできるため「プロパン会社の変更」も一戸建ての所有者が判断して決めれるので高いガス単価の会社と契約している場合は業者の変更をおすすめします。

頑張って節約するにも限界がありますしガス料金の単価の変更は節約するよりも目に見えて料金が安くなったのを実感できます。

ガス代も安くなり今まで通りに節約することによる高熱費削減が一番良いと言えます。

賃貸住宅の一戸建ての場合でも「アパートやマンション」と比べればガス料金の値下げや契約会社変更のハードルは低いと言えます。

ガス会社の比較などは 【エネピ】などの無料比較サイトを利用すると簡単に料金比較や切り替えも行えるのでご活用してみてください。

enepi エネピ

・3分で簡単無料の料金比較
・厳選したプロパン会社だから安心!
・カスタマーサポートも個別対応

料金比較



関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました