大手の新電力会社が倒産!?安心できる新電力会社の選び方教えます!

2016年4月から新電力の本格的は電気の供給や営業活動が始まり、テレビやスマホなどの広告でも数多くの新電力のニュースを見たと思います。

最初のころは本当によくワイドショーなどでもとり上げられ、聞いたことのない電力会社も多く耳にしたのではないかと思います。

しかし今では新電力の話題性はなくなり加熱感も落ち着きテレビなどでみる広告も大手の
ソフトバンクでんき」や「eo電気」などのもともとが大きい会社がしている新電力の会社ばかりとなっています。

そして2016年一般家庭向けに新電力の本格的供給が始まりましたが、今年は
日本ロジテック協同組合、大手の新電力会社の破綻」ニュースが出てきました。

新電力会社はシェアがあっても倒産する可能は多いにあり。正しい新電力会社の選び方が必要でもあります。

新電力が2016年4月から一般家庭向けに本格的に供給がはじまり、とりあえずは新電力への契約切り替えの瞬間的なブームは去ったのではないかと思います。

新電力の市場シェア5位といわれていた会社の倒産はやはり大きく話題になり、これからという新電力を選ぶユーザーの方も不安になった方もいたようです。

これから新電力への契約変更していく方は様子や評判をみてじっくり考えてからのタイプの方も多くいると思われ、評判や口コミなどの判断で新電力会社を総合的に判断してからの判断と思います。

ただ日本ロジテック協同組合のような大手の電力会社破綻のニュースもまだ記憶に新しいニュースでもあります、この日本ロジテック協同組合は2000年に自由化された「高圧電力」から電力を販売していて市場シェアも「5位」と大手の新電力会社でした。

大手でも破綻するリスクはあります、新電力に限らず「シャープ」のようなもっと大きな会社でも倒産の危機になる時代ですから「この企業だから安心」という確実なことはないですが、できるだけそういったことが起きない新電力会社を選ぶのが良いと思います。

高圧電力と低圧電力って? 

2000年から一般家庭向けより先駆けて自由化された「高圧電力」についてですが、電気の契約種類には「高圧電力や低圧電力」などがあります。

この違いは簡単に説明すると「電気の使用量で高圧電力か低圧電力が割り当てられます
あまり一般家庭の方は気にする必要もないと思いますが、大きな施設などで電気使用量が多いところなどは「高圧電力の契約になると思います

日本ロジテック協同組合は大きな施設、工場や病院や会社といった多くで電気を使う高圧電力のところに電力を販売していてシェアが5位もあったものの「資金繰り」が原因での破綻のようです。

倒産などを避けて新電力会社の正しい選び方

現在新電力の会社は覚えられないくらいの会社数で電気料金プランも会社の数だけあり、電力会社を選ぶだけでも大きな労力となります。

電気会社の契約はころころ変えるものではないと思いますので、一度契約すれば2年や4年以上は最低でも契約するご家庭がほとんどだと思います。

しかし「料金プランが魅力的で契約した電力会社が1年で倒産!!
なんてことになったらまた新たに電力会社を探して契約などまた大きな労力を使うことになります。

カレン・フェラン 大和書房 2014-03-26

新電力の会社が倒産しても停電や電気が止まる心配はありません

新電力関連で多くの方が疑問に思っていることの1つだと思いますが、新電力の会社が急に倒産したら電気の供給が止まり停電になるのか

この心配はいりません、もし契約している新電力の会社が急に倒産しても急に電気を止められることは無く「関西電力や東京電力」といった地域の電力会社が電力を供給してくれる仕組みがあるようです。

もともと電気を関西電力や東京電力など地域の電力会社から供給をされていて電気はすぐ送電できるようになっているので、新電力会社の急な倒産からの停電の心配はしなくて大丈夫あようです。

電話のサポート面や安心して長く契約できる新電力会社の選び方とは?

新電力の会社を選ぶときに料金プランなどのシミュレーションや会社の知名度や料金プランといった様々な判断材料があると思いますが、会社の倒産リスクや電話でのサポートなどの安心感で選ぶならやはり「大手が始めた新電力

 日本ロジテック協同組合のようにシェアがあっても破綻する可能性はありますが、総合的なサポートなどを考えても大手が参入した新電力の会社が私は無難だと思います。

毎日使う電力なので、「もしも!の時のためのサポート
こういった面でも判断も私は大事だと思っています、電力会社に電話して電話対応がしっかりできる会社などの判断です。

  • カミナリや災害で停電!電気の復旧はいつなのか? 

災害などで停電になったり気になることがあれば電力会社に電話する方も多くいます。
小さい規模の会社は社員数も小さく電話対応などの人数もソフトバンクでんきやeo電気、 H.I.S(エイチ・アイ・エス)などと比べると大きく変わってくることは予想できます。

新電力の会社は電気供給と安くなるのは当たり前!サポート面なども大事な選ぶポイント! 

数ある新電力の会社で「電気料金が安くなる!安定した電気供給は当たり前!
困ったときに対応などが早く出来るだけしっかりしている会社が良いと思いませんか?

2016年3月に立ち上げた新電力会社です!電気料金従来より7%安くします!」の会社もベンチャー要素があり魅力ではあります。

誰もが知っている会社で新電力に参入、従来の電気代より5%安くします」があっとしたら私は誰もが知っている企業での新電力を契約すると思います。

2%の差は長い期間で見れば大きくなりますが、もともと大きな企業としての基盤がある会社はカスタマーサポートのノウハウや資金も豊富で体力もあり簡単に撤退もしない

 H.I.S.電気 ソフトバンクでんき eo電気などは安心できる新電力会社

  H.I.S.(エイチ・アイ・エス)電気やソフトバンクでんき、eo電気は以前にも記事でご紹介させていただいてます。

    H.I.S.(エイチ・アイ・エス)電気は旅行で使用した方は多くしっている方も多くいてるかと思います。

    H.I.S.(エイチ・アイ・エス)電気の供給も以前から高圧電力の自由化から電気の販売をしているHTBエナジーからで、 H.I.S.(エイチ・アイ・エス)の子会社のハウステンボスからの電力供給となり、実績もあり安心できる新電力の会社の1社です。 

        ソフトバンクはテレビCMもたくさんしていてご存知の方がほとんどだと思います。
        契約内容では電気代が凄く安く なったとの口コミも見かけます。
        世界のソフトバンクと言われるぐらいなので新電力の会社では安心できり会社の1社でもあります。

           ↑↑クリックで詳しく記事が見れます、気になる会社の料金プランなどが確認できますので、気になる新電力のところで記事ををご確認してください。 

        安心できる新電力会社の選び方まとめ

        安心できる新電力の会社の選び方の記事でしたがいかがでしたでしょうか?
        料金の安さを最大限に追求したら大手ではなく新しい新電力の会社が良いかもしれません、ただソフトバンクなら携帯もソフトバンク、eo電気ならネットはイオ光を使用している。

        などで大きな割引が入り一番安く使える場合もあります。 
        大手企業の新電力の会社で安い電力が使えるプランが一番良いパターンと思います。

        コメント

        タイトルとURLをコピーしました