カワックは何故人気!?元営業マンがメリットや使い方教えます!

浴室暖房乾燥機のカワックは衣類乾燥から暖房 換気機能など取り付けて良いメリットが多いのでオススメできます。

 

現在新築などでも最初から設備されていることが多い「浴室暖房乾燥機 カワック」について価格メリットやデメリット、工事費や工事期間、冬場のヒートショック対策などの説明もさせていただきます。

ガスや電気料金などについてご説明させていただきたいと思います。
現在浴室に浴室暖房機が設置されていないお家でも簡単に取付ができます

またお風呂のリフォームなどの時には営業マンなどには浴室暖房乾燥機 カワックの取付を進められると思います。

カワックを取付けるとなるとお金がかかってくるので悩むと思いますが、私は浴室乾燥暖房機は取付てもメリットが多い機械と思います。

現在浴室乾燥暖房機の設置を検討している方の参考になればと思います。

 浴室暖房乾燥機 カワックについて

浴室暖房乾燥機といっても種類があります。

  • 「電気式」
  • 「ガス式」

と大きく分かれます、この違いですが電気式はイメージがしやすいと思いますが。仕組みで言えばエアコンみたいな感じで電気の力で浴室を暖める。

電気式は解りやすいと思いますが、気になるのは「ガス式の浴室暖房乾燥機 カワック

このカワックですが、形は電気式もガス式も似たような形ですが仕組みが大きく違うポイントはガス式の浴室暖房乾燥機は「お湯で温める

ガス式で心配されるのがお風呂についている浴室暖房乾燥機の本体でガスを燃焼させてるんじゃないか?

などの心配の声もありますが、ガス式といっても熱いお湯の熱風でお風呂を温めると思って下さい。

じゃあ「そのお湯はどこで作るのか?」 と疑問になると思いますが、このお湯は家の外についている給湯器で作ります。

家の外にある給湯器でお湯を作り、そのお湯を樹脂管というパイプでお風呂のカワックまで運んで温風で浴室を温めますのでお風呂の中でのガスの燃焼などはないので安心であります。

給湯暖房機という給湯器の種類でなければガス式は設置ができない

 この給湯機の種類は浴室暖房乾燥機を後付けする場合には大事なポイントとなってきます。

お家に温水式の床暖房やもともとカワックの設置をしているお家なら心配はないと思いますが、カワックを新規で後付けする場合は給湯器の取替えも必要になる場合がほとんどです。

この理由はもともとカワックも床暖房の設備がないお家にはカワックに対応している給湯器が必要がないため、普通の給湯器がついている場合がほとんどです。

浴室暖房乾燥機を新規での取付を検討している方は、今お家についている給湯器のことも調べる必要があります。

この辺りは見積もりを依頼したら必ず確認するポイントなので、給湯器がカワックにあうタイプか説明してくれると思います。

私は浴室暖房機はガス式の方がパワーがありオススメなのですが、給湯器の取替えが必要ならお金が大きくかかるので電気式でも良いと思います。

給湯器が10年以上経っていて取替え時期なら一緒に取り替えたら安く買えたりするので、同時に工事したらお得になることがほとんどです。

カワックは1台4約で機能満載!カワックで出来ることって? 

カワックについてですが、浴室を温める機能だけではなく換気扇の機能や涼風といった温める意外の機能もあることがオススメできるポイントの一つでもあります。

  • 暖房機能

これはカワックのメインと言っても良い機能の1つで、記事の最初でも説明させていただきましたが「温かいお湯」の温風で浴室をあたためます。

冬場の一番風呂に入る方は10分~15分前ぐらいにセットして入ることで最初のひんやりを防ぐことができます。
またヒートショック対策としても入浴前にセットして予防となります。

入浴中使用していると暑くなりのぼせる方もいるので電源を切っていても良いと思います。

  • 乾燥

乾燥機能は梅雨の時期や雨が続いた時などに衣類を乾燥させたり、花粉の時期なども外に洗濯物を干すと花粉がつく理由などで浴室で衣類を乾燥させる時などに使用します。

あまり使いすぎるとガス代が凄く高くなったと言う声もあったので高熱費が高くなるのが嫌な方はあまり使いすぎないほうが良いでしょう。
  • 涼風
  • 換気 

暖房と乾燥は似たような感じですが、涼風 という扇風機のような機能もあります。

これは冷房ではなく扇風機のような機能です。

 この涼風は夏の暑いときにお風呂の掃除をする時などに使っても便利です。

あとは換気扇の機能もあり、お風呂は換気してあげないとカビが発生しやすいため、換気しているお家も多くあると思います。

カワックには換気の機能もついているので、お風呂上りに換気をしてあげましょう。

タイマーで乾燥や暖房機能で衣類だけではなく浴室も乾燥させてあげてカビの発生を防いだりもできます。 

カワックで花粉の時期は浴室での衣類乾燥で花粉症対策。

浴室暖房乾燥機は梅雨の時期などに衣類の乾燥で使われることが多いのですが、花粉の時期などでも浴室で花粉が衣類につかないように乾燥させたりする使い方もできます。

先ほどの機能説明でも書きましたが「使いすぎはガス代が高くなる」ことは避けれませんのでご注意ください。

カワックのフィルター掃除方法について

カワックにもエアコンと同じように「フィルター」があり以外と知らない方が多くいました。
衣類乾燥をよく使用するご家庭などは特に衣類のホコリなどがたまっていることがあり多く使用したシーズン(梅雨の時期など)の後は一度掃除することをおすすめします。
ほこりなどがたまりすぎるとエアコンと同じように効きが悪くなったりします。
掃除方法としては「水洗いや歯ブラシのようなブラシ」などでホコリを取るだけで大丈夫です。
ブラシなどでホコリをとる時の注意点としては「力を入れすぎるとフィルターの網が広がる」ことがあるので優しくとってあげてください。
水洗いの注意点は「フィルターを乾燥させてかた元に戻す」という点です。
濡れたままカワックに戻すとカビの発生原因にもなりますので極力乾いてから元に戻すことをおすすします。
フィルターが設置している場所ですが「壁掛け式(エアコンのような形のタイプ)」ならエアコンと同じように送風口の上らへんが開くようになっています。
両サイドに指をかけれるような場所があるはずなので手前に引いて開ける感じです。あけたところにフィルターがあります。

天井式のカワックのフィルターの場所について

天井埋め込み式のカワックのフィルターの場所はカワックを本体をよく見たら「引っ張れる部分がある」ので、そこを引いたらフィルターが抜けるようになっています。
基本的にはカバーを開けると言う作業ではなく「そのまま抜けるような仕組み」になっている種類がほとんどです。
カワックのフィルターを取る時に浴室で滑って怪我をした方もいますのでフィルターを取る場合は壁掛け式でも天井埋め込み式で注意してください。
 
カワックの定期点検などに業者が来てくれる場合にはその時にお願いして掃除して貰っても良いでしょう。
 
掃除は10分もあればできるので取付業者の点検員もアフターサービスとしてやってくれると思います。

ミストカワックならスプラッシュミストよりマイクロミスト。

カワックにはミストカワックといって一つ上の高グレード商品もあります。
このミストカワックは女性に特に人気なのですが、 カワックから蒸気がでてくると思って下さい。
スチームサウナのようなイメージです。

肌の保湿効果で美容にも良いみたいで女性に人気のカワックとなります。
このミストカワックにもまた種類が2つあります。

  • マイクロミスト
  • スプラッシュミスト

ミストカワックを検討した方なら解ると思いますが、ミストカワックを取付るなら私は「マイクロミスト」 しかオススメできません。 

理由はスプラッシュミストは「大粒で雨が降っているみたい 」などの声もありスチームというより大粒な感じのお湯が降ってくるとの声もありました。

 壁掛けカワックにも「ミストカワック 」もありますが、本体価格が高くなり、スプラッシュミストカワックしかありません。
マイクロミストはまだ細かい蒸気な感じでスチームサウナに近いので評判は良かったです。

なのでマイクロミストのカワックとスプラッシュミストのカワックではマイクロミストの方が少し価格は高いですが「ミストカワックを取付るなら後悔しないためにもマイクロミストカワックを私はオススメ」します。

都市ガスのガス会社ならガスの温水床暖房の設備がお家にあればカワックがあるだけで大きなガス料金割引が入ります。

都市ガスの地域でガスの温水床暖房の設備があるお家はガス料金に大きな割引が入っていると思います。

温水床暖房の割引などについては「床暖房 元営業マンがガス床暖房の価格やメリットやデメリット 評判教えます!」 
を参照してください。

ガス料金にはガス会社によって床暖房とカワックやミストカワックなどの設備があると「オプション割引」などで通常の割引からさらに「最大9%割引」が毎月入るようになったりします。大きくガス料金の割引が入ります。

交通事故で亡くなる方より4倍多いと言われているヒートショック対策としてもカワックは使われています。

お風呂に入浴中にヒートショックで亡くなる方は交通事故でなくなる方より4倍多いと言われています。
実際私の親戚もお風呂の中で心筋梗塞で亡くなりました。

原因はやはりお風呂の中と外の温度差などが原因の一つでもあり、高血圧の方などは本当に冬のお風呂などには気を使う必要はあると思います。

私が浴室暖房乾燥機のカワックの販売や工事をしていただいたお家の方で半分ぐらいは
ヒートショック対策」 だったと思います。

お風呂に入る前の15分前ぐらいにカワックを作動させておくだけで冬場のヒートショック対策になります。

 お風呂に入りながらカワックを作動させたら熱くて気分が悪くなる方もいるので基本的には入浴の前に使うのが良いと思います。

浴室暖房乾燥機 カワックの価格 ガス料金や電気料金工事期間について。

最後に浴室暖房乾燥機 カワックの取付工事費や期間についてです。
カワックの取付に関する工事費などはお家の構造などにより前後はすると思いますが、平均的な価格にはなります。

  •  壁掛けタイプのカワックの価格 6万円~15万円(工事費込み)
  • 天井埋め込みタイプのカワックの価格   8万円~20万円(工事費込み)

カワック本体の価格は壁掛けカワックが天井埋め込みタイプのカワックより安い価格になっています。

この価格は取付業者やお家の構造などにより大きく変わります、また給湯器とセットで工事ならほとんど工事代だけでカワックをつけてくれる業社もあるみたいです。

上記の価格は給湯器は別になります、給湯器が別の工事で上記より高くなるこがある場合は相見積りした方が良いかもしれません。

工事期間に関しては基本的には1日あれば十分終わる工事となります。
カワックを使うガス料金などは、乾燥や暖房で異なりますが1時間あたり64円~となっているようです。

カワックと給湯器のセット価格の見積もりが40万円をこえている場合は相見積もりが必要?

カワックを取り付けるタイミングはご家庭により違いますが、基本的には

  • 浴室のリフォーム
  • 給湯器の取替えタイミング
  • ヒートショック対策の検討

が私がカワックの販売をしているときにで大半でした、特に温水式のカワックは給湯器で動かすので、給湯器の取替え時期などでセットで買うと安く工事ができ取付けるご家庭が多くあります。

またシステムバスのリフォーム時にも付けることも多くありますが、給湯器とセットで30万円や40万円をこえる場合などは相見積もりをした方が良いかもしれません。

もちろん工事内容などで高くなる場合もありますが、1社だけの見積もりなら高い金額の見積もりを出せれていることもあり、相見積もりで同じグレードの商品で「5万円以上安くなる」場合もあります。

給湯器との工事で30万円~45万円の見積もりだったり、カワックだけの工事で「少しでも高いかな?」と感じた場合は相見積もりのご活用をおすすめします。

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】 などでは簡単に有料業者に無料で見積もりできます。

今は昔と違いネットで簡単に比較や見積もり依頼ができるので、同じ商品や工事内容でも少しでも安く工事できる時代です。

少しの手間で数万円の節約ができる場合があるのでぜひご活用ください。

公式サイト:全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

浴室暖房機カワックまとめ

浴室暖房乾燥機は電気式とガス式がありパワーがあり人気なのは温水式となっています。

ガス式は給湯器も気にする必要がありますがガス式なら床暖房の設備がある場合大きなガス料金の割引が入るので高熱費節約の部分でも良いメリットがあります。

浴室暖房乾燥機は1台4役で高血圧の方などは冬場のヒートショック対策として使用できることもあり人気があります。 

浴室以外にもお風呂上りの脱衣所も冷たく体に負担がかかります。
脱衣所にも暖房をつけた方が良いのですが、脱衣所は工事をしなくても良く金額も比較的安い脱衣所暖房がオススメです。 

壁にかけれるタイプで工事は不要で簡単な取付が人気の脱衣所暖房機です。



浴室に換気扇が設置されているお風呂は最近では普通になってきました、換気扇のお金に少しだ足したら暖房機能や涼風機能もついてくるので、ガス式でも電気式でも浴室暖房乾燥機はオススメできます。 

人気の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました