「ハーフユニットバス」にデメリットはある?メリットや費用を元営業マンが解説

当ブログでユニットバスの費用や工事期間などを解説している記事は何記事かありますが、今回は「ハーフユニットバス」という浴室を解説させていただきたいと思います。

ユニットバスは聞いたことがあっても「ハーフユニットバス」は聞いたことがない方も多くいると思います。

言葉の通り浴室の半分が「ユニット」になっているお風呂となりますが、それでもピンとこないと思いますのでこの記事ではハーフユニットバスのメリットやデメリット、工事期間など解説させていただきたいと思います。

ユニットバスが天井の関係で入らない場合や「少しこだわりがあるお風呂にしたい」という方も参考になると思います。

ハーフユニットバスとは?

私がリフォームの営業をしている時に一番多い浴室リフォームは「ユニットバスからユニットバス」か「在来工法(壁がタイルなど昔ながらのお風呂)からユニットバス

浴室のリフォームはだいたい上記のパターンが多いのですが、まれにハーフユニットバスの工事がすることがありました。

ハーフユニットバスとは「浴槽や床部分がユニット」となり、壁は自由にデザインができる浴室と思ってください。

ハーフユニットバス TOTO

出典・TOTO ハーフバス08

上の画像はTOTOのハーフユニットとなり、浴槽の上側が木目になっています。

浴槽部分から床など白い部分がユニットとなり、白い部分より上が在来工法のように好きな壁を作ることもできます

ユニットバスのカタログなどを見てリフォームを検討している方ならわかると思いますがユニットバスは基本的には「サイズなど規格」が決まっていて個性はだせないところがあります。

もちろん壁の色や模様、水栓の種類などオプションなどで少し変更できる部分もありますが基本的には「規格」の範囲となります。

いろいろな種類があり選べますがハーフユニットバスに比べると断然自由度は下がってしまします。

ハーフユニットバスのメリットについて

それではハーフバスユニットのメリットについて説明させていただきます。

まず大きなメリットとしては「ユニットバスと在来工法」の良いところ取りという部分が大きいと私は思います。

ユニットバスの良い部分はお手入れや掃除が在来工法に比べ簡単というところがあります、また防水性能が良いなどもユニットバスの良いところ。

在来工法の浴室は何十年も使用していると工事が開始して解体しだしたら「水漏れ」を床下などでしていることが多くあります。

水漏れといっても垂れ流しているような水漏れでなくても「タイルや土間(床)」の部分のひび割れなどから浸み込んでいくような水漏れも含みます。

在来工法の浴室は浴室のサイズや壁など自由度がすごくありますがどうしてもメンテナンスが大変というのがデメリットと考える方も少なくありません。

しかしハーフユニットバスなら浴槽や床部分がユニットになっているため一番水がかかったり流れる部分がユニットのため在来工法の浴室より防水性能やお手入れは簡単です。

2階に浴室を作る場合も自由度が高い浴室が作れるのも「ハーフユニットバス」

リフォームなどで2階に浴室を設置するに際にこだわった浴室にしたい場合もハーフユニットバスで少しこだわりがある浴室を2階にいれることができます。

そして天井の高さなどの関係で2階にユニットバスが入れれない場合などもハーフユニットバスなら設置できる可能性があります。

最初から在来工法を2階に工事したら良いと考える方もいるかもしれませんが記事の最初でも書いたように年数が経過すると在来工法はどうしてもユニット式より防水面で性能が劣ります。

在来工法がダメということではないですが2階に浴室設置ならユニット系が私は無難だと思います。

ハーフユニットバスのデメリットについて

ハーフユニットバスのデメリットについて説明させていただきます。

デメリットについては「種類が少ない」や「壁材やプランで費用が高くなる」ほかには「工事期間がユニットバスと比べ長くなる

  • 種類がユニットバスに比べ種類が少ない

TOTOやリクシルなどのメーカーも販売していますが通常のユニットバスと比べれば選べる浴室が限られます。

  • こだわり過ぎると費用が在来工法と同じように高くなることもある

壁材やデザインで工事費用が高くなることがあり、木材などこだわった壁や窓の作りなどで工事費用が在来工法の浴室やそれ以上になることも。

リフォームでいろいろデザインなどを決めているうち「あれも、これも」とはよくなることです。

ユニットバスより多めの予算は必要と思っていてもよいでしょう。

  • 施工期間が在来工法のように長くなる可能性がある

通常ユニットバスからユニットバスの入れ替えなら最短1日で施工が完了できることもありますがコーキングの乾燥などもいれて平均3日前後でしょう。

在来浴室からユニットへのリフォームは工事内容にもよりますが7日~10日前後は必要になってきます。

ユニットバスからの入れ替えや在来工法からの入れ替えでも工事日数は変わってきますが、在来工法と同じぐらいの期間は想定していたほうが良いでしょう。

壁をタイルにするのか?ヒノキにするのか?などでも日数は変わってきます。

施工しやすい壁材やデザインならユニットの入れ替えより少し日数がかかる程度で完了もできますが、工事もハーフユニットバスのほうがユニットバスと比べると少し難しくなったりするのでどうしても日数はかかってしまいます。

ハーフユニットバスを販売しているメーカーや種類について

続いてハーフユニットバスを販売しているメーカーや種類の一部ですが説明させていただきます。
私個人的におすすめするのはTOTOでリフォームの営業でもTOTOをおすすめすることが多くありました。
無理に販売することはなかったのですがTOTOのお風呂はとくに喜んでくれるイメージが強く質感なども個人的に好きなので私個人としてはおすすめとなります。
そんなTOTOはしっかりハーフユニットを販売しているので簡単に紹介させていただきます。

TOTO ハーフバス08 Type0

TOTO ハーフユニットバス おすすめ
TOTOが販売しているハーフバス08の特徴ですがType0とType8の2パターンとなっていてそれぞれに特徴があります。
  • Tyoe0の特徴など

シンプルな構造ですがリラックスや入浴にこだわった設計となっています。

側面は持ちやすいようにスリットとなっていたりとハーフユニットだからと言って手を抜かないとことなどはさすがTOTO!と感じるところと細かい作りにも気配りができていると関心させられます。
TOTO 水栓まわり
水栓周りの画像です。ユニットバスでは珍しい水栓まわりと感じるかもしれませんがハーフユニットとなると白い部分でおさめる形なら画像のような水栓まわりになります。

TOTO ハーフバス08 Type0の価格

TOTOの価格ですがサイズやオプションにより大きく定価の価格は変わってきます。
1坪サイズ1600×1600の一番安いドアもなしタイプで498,800円となってい、1600×1600はユニットバスのカタログなどで「1616」と表記されているサイズとなります。
定価で販売というのは基本はなく割引があるのですが、そこまで多くでる商品ではないと思いますので割引率は低いと思います。
そしてユニットバス本体の割引率は会社によりかわってきます。

とくにハーフユニットバスのように販売数が少ない浴室は割引が全然ない業者もあるかもしれませんので見積もり比較はしたほうが良いと思います。

出典・TOTO ハーフバス08
このユニットも規格のサイズがあるため浴室の広さにより工事ができない場合があります。

またオプションや天井のセットなどで価格が大きく違ってきますのでTOTOの公式サイトでご確認していただければと思います。

TOTO ハーフバス08 Type8の特徴や価格

続いてType8の特徴や価格ですがType8はセンターポールと言って中央の手すりが大きな特徴となっています。
お風呂に手すりを後取付けるご家庭も多くありますがType8は掴みやすい場所に手すりがあるのが特徴です。
TOTO ハーフユニットバス Type8
手すりの部分にシャワーがあるのも大きな特徴でホースは中に内蔵されているのでスッキリした見た目となります。
  • Type8の価格

Type8の価格もType0と同じ1坪タイプで498,800円~となっています。


Type8もオプションで大きく金額がかわりますのでサイズやオプションはTOTO公式サイトでご確認ください。

公式サイト・TOTO ハーフバス08

日比野化学工業株式会社のハーフユニットバスはサイズが豊富

TOTOのサイズは1616サイズからとなっていますので戸建て住宅でもサイズの関係で工事ができなかったり脱衣所を潰したりと工事が大掛かりになることもあります。
日比野化学工業株式会社のハーフユニットバスはオーダーも可能となっていて1616サイズの工事が難しい浴室でも対応できます。
日比野化学工業株式会社 ハーフバスユニット
日比野化学工業株式会社は聞きなれない方もいるかもしれませんが「解決ビフォーアフター」でハーフバスユニットが採用され紹介もされています。
1216サイズがあるのでTOTOのサイズが難しい場合などにも選択肢となります。

ハーフバスユニットは施工がなれている業者選びも重要

通常のユニットバスの工事と違ってハーフバスユニットは工事が難しかたっり複雑です。
リフォーム工事では工事後に「思っていたのと少し違う、、施工が雑で何回も手直しに来てもらう、、」など様々な問題がでてくることも少なくありません。
大きな金額で工事をしているからこそ妥協できないのは当たり前なので完璧にしてもらうために何回も手直しに来てもらう間に「営業担当と少しギクシャクした関係に」なんてこともあります。
悪徳な業者に当たれば手直しにさえなかなか来てくれないなんて可能性もあり業者選びは「工事になれている」と「工事後の保証がある会社」を選ぶことが失敗や後悔する可能性を少なくする方法と私は思います。
そしてハーフユニットバスに限ったことではないですが本体価格の割引率は「業者により大きく変わる」と言うことがあります。
なぜ販売業者により大きく割引率が変わるかと言うと「利益や仕入れの価格」が関係してきます。
販売業者もユニットのメーカーから仕入れをするので多く販売している業者などは仕入れの価格が安い場合もありますし、業者が販売する価格は業者が決めれます。
30%割引で販売するのか10%割引で販売するのかは販売業者がある程度決めれます。

とくに大きな金額がかかるリフォームは同じ商品で工事内容でも10万円以上価格の差がでることは普通になります。

浴室の工事は頻繁にする工事でもないので少しの手間はかかるかもしっれませんが見積もり比較はしたほうが良いでしょう。
知り合いの業者が数社ない場合など今はネットの見積もり比較などの利用が簡単に見積もり比較依頼ができて便利です。
無料なので知り合いの業者がいない場合や色々なリフォーム会社に電話を自分でかけるのが面倒な場合などは便利なサービスと思います。
ネットには見積もり比較業者はたくさんありますが業者選定を厳しくしていて保証制度もあるリフォーム見積もり比較大手の全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】などが見積もり比較申込みも1分程度で完了するのでおすすめです。

ユニットバスの無料見積りは公式サイトから・全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

人気の関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました