見れば解決!お風呂 ユニットバスの床の黒ずみや壁の汚れの落とし方を元営業マンが教えます!

お家を掃除する中でも汚れが気になる掃除の場所でお風呂「ユニットバス」が湿気などもよくまわりカビや水垢などの汚れが気になる場所の1つではないでしょうか?

ユニットバスは在来浴室(従来型のタイルの浴室)と比べカビや水垢などの汚れが発生しにくいというメリットや温かいなどのメリットがありここ数年の新築のほとんどがユニットバスが設置されています。

しかしユニットバスも在来浴室よりかは水垢やカビが発生しにくいと言っても浴室はどうしても湿気が多くカビなどは発生してしまいます。

ユニットバスの床や壁の汚れを取る時に重曹やクエン酸、カビキラーのようなもの使うことがありますが成分がきつい洗剤は場所によりあまり使用しないほうが良い場合もあります。

この記事ではユニットバス汚れの原因を理解し床や汚れの落とし方や洗剤の正しい使い方や場所を説明させていただきます。

お風呂の床や壁の黒ずみや汚れを簡単に落とす方法

私は以前リフォームの営業をしていたこともありお風呂やキッチンのことについてお客様に相談されることがありました。
リフォームの相談以外にもお風呂の掃除方法や浴室暖房機の使い方など色々な相談をされましたがお風呂の悩みで多いのがやはり「浴室の床の黒ずみや茶色い汚れ
ほかにはシステムバスの壁や天井のコーキング部分のカビの取り方など浴室の掃除は簡単なようでなかなかとることのできない汚れもあります。
そしてハイター、カビキラーのようにカビを簡単にとることのできる浴室洗剤は便利ですが余計にシステムバスを痛めることになることもあり正しい掃除方法というのが長くお風呂を使用するためには必要となります。
まずは汚れの種類をしり汚れに適した物で掃除することが大事なことになります。

お風呂の汚れは基本的に「アルカリ性の汚れ」と「油汚れ」

お風呂に黒ずみや茶色っぽい汚れ、白っぽく汚れる原因は水垢や油汚れが原因となります。
アルカリ性の汚れ?油汚れ?と思うかもしれませんが、水垢はアルカリ性の汚れとなり水道水が原因の汚れ。
お風呂以外にも蛇口がある部分などで白い汚れがあるのは同じ水垢の汚れとなります。
一方油汚れと言うのは体を洗ったあとの汚れやシャンプーやリンス、石鹸などのカスなどが床に残り汚れの原因となります。
そして汚れにあったお掃除道具を使うことで掃除が楽になりシステムバスを長く使用できることにもつながります。

お風呂の掃除でおすすめされているお手入れ用品とは?

お風呂を掃除する前に大事なことは間違ったお手入れ用品を使わないことです。

間違ったお手入れ用品を使うことでお風呂のコーティングが剥がれたりする原因になることもあるためお風呂の素材にもよりますがお手入れ用品の選別は重要となります。基本的にはメーカーがおすすめしているお手入れ商品を使うのが無難ですが、頑固な汚れの場合など私は無視してメーカー推奨でないお手入れグッズを使用したりします。

システムバスメーカー推奨のお手入れ商品について

ノーリツやリクシルやTOTOはお風呂掃除に使用する道具についてホームページで紹介しています。
  • 柔らかい布
  • スポンジ
  • お風呂用中性洗剤
ノーリツ システムバス お手入れ推奨商品
上の画像はノーリツのサイトに記載されているお手入れ道具となり必須と書いています。
逆にお風呂に傷をつける可能性がある掃除に適さない道具も紹介されています。
  • たわし
  • ブラシ
  • クレンザー
  • 漂白剤

正直私はブラシなどは使用していますが浴室にはあまり良くないとのことなのでできる限り使用は避けたほうがよいでしょう。

ただLIXILのサイトではブラシなどの推奨もありメーカーのより推奨アイテムは違うと言えます。

そして中性洗剤と書いていますがこの洗剤の部分は汚れの種類により浴室用の洗剤を使うのか重曹やお酢などのクエン酸か選びましょう。
システムバスメーカーにより推奨している道具が違いますので家に設置されているシステムバスメーカーのサイトなどで確認してみてください。
LIXILとノーリツでは少し推奨商品が違うのがわかると思います。

お風呂の床の黒ずみ茶色の汚れを落とす道具は何が効果的なのか?

私がいつもお客様にお風呂の汚れ落としで相談された時などは「重曹とクエン酸(お酢でもOK)」を使用してくださいとアドバイスさせていただいてました。
重曹とお酢なら自宅にあるご家庭も多いと思います、なくても100均などで購入するこのともできますしお金も安くつき洗剤と違い自然なものなのでお風呂を痛める心配もありません。
  • 掃除方法の手順の紹介

重曹(粉タイプ)を気になるところにふりかけます、そしてその重曹の部分にクエン酸(お酢でもOK)を少し混ぜます。

重曹とクエン酸の割合は6(重曹)対4(クエン酸)ぐらいで良いです。
混ぜあわせたら少し泡立つようなことになりますが危険なことはないので安心してください。

混ぜてシュワシュワした泡がでたらその混ぜわせたのを汚れの部分に塗り込みます。そして上からサランラップなどを被せ10分~20分程時間を置き柔らかい布やブラシで擦れば汚れは綺麗にとれます。

浴室洗剤などでも色々と種類はありますが私はまず「重曹とクエン酸」で掃除してくださいとアドバイスしていた理由としては「お風呂にも人にも優しい」と言う面もありました。

それでも綺麗に取れない場合は浴室洗剤をためしてくださいと、、、

お風呂掃除には「とりあえずカビキラー、サンポール」みたいな方もいたのですが、システムバスのコーキング部分(壁と壁の繋ぎ部分のゴムのような箇所)にもカビキラーは良くはありません。

コーキング部分はどうしても黒ずんできてカビキラーのようなきつい洗剤を使う方もいますが基本的にコーキング部分に使用するのはよくないと言えます。

コーキングが痛み最悪剥がれたりする可能性も否定できません。

お風呂のコーキング(ゴムパッキン)部分のカビや汚れをどうしても取りたい時の方法は?

綺麗好きな方やコーキング(ゴムパッキン)部分の汚れも綺麗にしたい!と思う方は多くいるち思います。

まず重曹やクエン酸を塗り込み先ほどのようにサランラップをかけ時間をおいても取れない場合は「カビハイター」の利用で取ることもできます。

汚れの度合にもよりますが綺麗のとれる場合もありますが「少し綺麗になった」程度で終わる場合もありこのあたりは汚れの度合いによりかわります。

掃除方法は重曹とクエン酸の掃除方法と同じで「汚れに塗り込みサランラップを被せ10分~20分程放置」し拭き取る。

コーキング部分(ゴムパッキン)が気になる方は試してみてください。

メラニンクリーナーはお風呂の床のコーティングの寿命を縮める可能性も?

メラニンクリーナーでゴシゴシと最初からする方もいますがメラニンクリーナーも擦り過ぎたら床や壁には良くない場合があります。

まずは「お風呂に優しい掃除方法」かた始め汚れがとれない場合は少しづつきつい洗剤などを利用する。

もし重曹やクエン酸から試して汚れが取れない場合は買ったのに損する!と思う方もいるかもしれません。

しかしきつい洗剤でお風呂を痛め寿命が縮まることを考えれば私は最初はまず優しい掃除方法で汚れを落とすことをおすすめです。

色々ためして汚れがとれない場合はサンポールなどは最後に試してみると良いでしょう。

システムバスの経年劣化などで床に染み込んだカビは取れないことも

床のクリアコーティングが経年劣化によりなくなり床面にパターン模様のような黒ずみがでる場合があります。
この場合は床面の中と言うか細かい部分にカビや汚れが発生し掃除してもとれない場合があり諦めるしか無いこともあります。
これは床の素材にも関係してきますがいろいろ試して取れない場合は下地に染み込んだカビや汚れの可能性と考えても良いでしょう。
床の素材により床にコーティングをしているので「きつい洗剤やメラニンクリーナー」を使用するとコーティングが取れやすくなったりするので「最初は優しい掃除方法」で!と言うのは理解していただけると思います。
システムバスや在来工法(タイルのお風呂)などお風呂の種類により掃除の方法はことなりますが、まずはお風呂にも優しいお手入れ方法から試すのを私はおすすめします。
あわせて読まれている関連記事