ガスコンロからIHコンロ交換費用やメリット・デメリットについて元営業マンが教えます!

各家庭において生活エネルギーは、なくてはならない必要不可欠なもので、お風呂もそうですが調理をする場合も生活エネルギーの力がないと、どうにもできなくなってしまいます。

調理といえばコンロが、もっとも欠かせないものですが、今までならコンロといえばガスコンロ一択でした。

ですが、近年ではガスコンロは危ない!などの理由などでもIHコンロの人気も高まり、ガスコンロとIHコンロとで人気を二分しているのが現状です。

ガスのファンは、まだまだいらっしゃいますが、オール電化住宅や色々な将来を考えたり光熱費のことなどを考慮したりして、IHコンロへと変える方も増えていると思います。

この記事ではガスコンロからIHコンロの交換費用やメリットやデメリットについて元営業マン目線で解説したいと思います。

ガスコンロからIHコンロへの交換費用は?IHコンロ交換の特徴やメリット・デメリットについて

お家のコンロが仮に据え置き型のタイプであれば、ガスコンロからIHコンロに変更したとしても、ほぼ問題なく取り換えが可能です。

据置型のコンロでガスコンロも上の画像のような形でキッチン台の上におくタイプなら幅さえ間違わなければ簡単に交換できます。

しかし、システムキッチンなどでビルトイン式のコンロだと据え置き型コンロみたいに簡単にガスコンロからIHコンロへ変更ができるという訳にはいきません。

そこで今回は、ガスコンロからIHコンロへと交換を考えている方の参考になるように、システムキッチンのビルトインガスコンロからビルトインIHコンロへの変更の費用やメリット・デメリットをご紹介させていただきます。

ガスコンロとIHコンロと特徴

ガスコンロとIHコンロは形状はほとんど似ているところばかりではありますが、大きく分けるとガスコンロとIHコンロでは特徴は変わってきます。

  • ガスコンロの特徴

ガスコンロは、今まで台所の主流となっていただけあって、ガスの設備が整っている家庭がほとんどです。

なので、交換費用も比較的に抑えることができるのと、最大の特徴は火を直接出すので、昔から使い慣れている火を直接みながら火力の調整ができるというところです。

ガスは、直接的に火が出るのと平均的な温度を保ち易いので、調理をスピーディ且つ美味しくする場合、IHコンロよりも少し料理には特化されていると思います。

また、ごとくがあり、バーナーもトッププレートから飛び出ている面から掃除がしにくいというところもデメリットではありますがガスコンロの特徴ともいえます。

  • トッププレートにごとくとバーナーがある。
  • 直接、火が出て目視で火の調整ができる。

IHコンロの特徴

IHコンロとは、induction Heating(インダクション・ヒーティング)の略称であり、日本語でいうところの「誘導加熱」という意味になります。

コイル形状の電線にアルミなどの金属に熱を発生させる原理で加熱させています。

ガスコンロは、直接、火を出して過熱を行いますが、IHコンロの場合は火を出さずに過熱をするというのが最大の特徴といっても過言ではありません。

なので、よく営業マンの説明でも、火が直接出ないので、お年寄りでもお子様でも火の心配をせずに使用ができますよ!みたいに言われることが多々あると思います。

しかし、直接的に火が出ないというのは確かではありますが、IHの電気コイルは過熱されるので火が見えてないから熱くないと錯覚するのは危険です。

火が出る=熱い、火が出てない=熱くないみたいにガスに今まで慣れてしまっている方は、そう思ってしまうことが多いので、火が出ていなくても過熱している時や過熱後は、熱さがあるので注意が必要です。

また、トッププレートが完全なフラットになっているので掃除がし易いというのも特徴の一つに挙げられます。

  • ごとくがない。
  • トッププレートがフラット。
  • 直接、火が出ない。

IHコンロ特徴まとめ

本格的な調理を重視される方であるならガスコンロを推奨しますが、それ以外の掃除面や安全面とスタイリッシュさを求める方ならばIHコンロを推奨します。

近年では、そこまで手の込んだ料理をするというよりも、手軽で簡単で美味しい料理をしたいという方が増えているので、時代の流れを考えればIHコンロはガスよりも少しニーズ的には求められてきてはいるのかもしれません。

ガスコンロとIHコンロの機能の違いは?

ガスコンロとIHコンロの特徴では、大きく分けると火が出る、出ないというところがありますが、機能面も共通しているところもありますが違いも少しだけあります。

  • ガスコンロの機能

1.ガラストップ
2.立ち消え安全装置
3.ダッチオーブン
4.湯沸かし機能
5.消化機能

  • IHコンロの機能

1.オールメタル機能
2.オーブン調理機能
3.鍋無し自動オフ機能
4.温度過昇防止機能

  • ガスコンロとIHコンロの共通機能

1.音声ガイダンス
2.水なしオートグリル
3.タイマー機能
4.天板のワイドサイズ
5.炊飯機能
6.チャイルドロック
7.安全装置
8.自動温度調整
9.消し忘れ停止機能

ガスコンロとIHコンロの機能違いまとめ

機能の違いといっても、上記のように、正直なところガスもIHコンロも大して機能には差がないといってもいいとは思います。

敢えていえば、火が出る出ないという特徴に応じて、ガスか電気という特性の違いからの安全面の配慮の違いです。

電気なのにガスを特化した安全機能は不要ですし、ガスなのに電気に特化した安全機能が不要なのと一緒で、その違いが多少の機能性の違いを生み出しているだけでしかありません。

それ以外の機能の違いがあるとするとグリル部位になります。

ガスの場合、グリル部分は、火力があるという強みを生かしてダッチオーブンとしても本格的に使用ができますが、IHの場合は電気なだけにグリル部位のオーブンとしての調理機能には少しだけ不安が残ってしまいます。

ケーキやパンなど本格的なオーブンが必要とされる料理をするという方には、正直なところIHではオーブン機能があるといってもガスのダッチオーブンには、さすがに負けてしまうのでIHコンロはお勧めできません。

しかし、手の込んだ料理をする訳ではないという方ならば、安全面や機能面に関してはガスと大差ありませんが、特徴でも挙げたようにIHは掃除がし易いのと火が出ないというのを考慮したらIHコンロの方が良いと思いますのでIHコンロをお勧めします。

ガスコンロからIHコンロへの工事費用について

特徴や機能の違いを考えて、将来的に安全面や掃除の手軽さを推したいとガスコンロからIHコンロにしようと考えた場合、次に気になるのはIHコンロへの交換費用についてではないでしょうか?

前述にも挙げたようにビルトイン式のコンロの交換は工事が付き物となってきます。

ビルトイン式と言うのはシステムキッチンで埋め込み型のコンロです。

ビルトインコンロ

ビルトイン式コンロ

上の画像がビルトイン式のコンロですが、なぜビルトイン式のコンロには工事が必要なのか?

それは単純にガスから電気に変更するということは、これから使う生活エネルギーを変えるという意味合いであり、生活エネルギーを変えるということは、それに合った環境を整える必要性が出てくるということになります。

ガスの場合だとガス管やガス栓が必要となってくるように、電気の場合も専用の電気回路が必要となってくるので、専用の器具でしか繋げないコンロを快適に使うためには専門家による工事が必要となってくるからです。

IHコンロのブレーカー工事費について

ガスコンロからIHコンロに変更する場合、コンロ用のガス管やガス栓を撤去するガス工事が必要となるのと、IHコンロを取り付ける場合の専用の単相200Vの専用回路を取り付ける必要があります。

そこで問題となってくるのが、ブレーカーの問題が出てきます。


家庭におけるブレーカーの容量や回路の空きに余裕がある家庭ならば問題はありませんが、余裕がない家庭だとブレーカーを変更する必要性が出てきます。

単相二線式の場合

ご自宅のブレーカーが単相二線式の場合、容量としては30アンペアまでしか利用ができないために、容量を増やすためにブレーカー交換が必要となります。

ブレーカーは、ケース自体の値段ではなく回路数に応じて値段が変動するので、価格としては回路数と工事費で約9~15万円ほどの費用がかかります。

  • 時間:約2~3時間程度
  • 費用:約9~15万円(電気回路、工事含む)

単相三線式の場合

単相三線式の場合は、ブレーカー交換をするほどにはなりませんが容量自体のアップをする必要性がでてきます。

時間も約30分以内には終了しますが、その代わり電気の基本料金が少し上がるので、後程、基本料金変更の案内などが届くことになります。

  • 時間:約30分程度
  • 費用:0万円(電気回路、工事含む)

※ただし、電気の基本料期はあがります。

ガスコンロ→IHコンロへの交換費用

当然、コンロ自体の商品価格にも差が出てきますが、それはどの商品を選ぶかによって様々です。

なので施工業者の工事だけで考えた場合、まずガス管やガス栓の撤去や閉める作業価格が約3~5千円程度です。

本体のグレードやキッチンの環境によっても値段は変わりますが、IHコンロを設置する作業価格は約1.5~3万円程度となります。

  • 時間:約2~3時間程度(工事内容により前後します)
  • 費用:約2~5万円(材料、工事費含む)

ガスコンロからIHコンロ交換費用と工事まとめ

IHコンロを取り付けるのが、キッカケでブレーカー交換を余儀なくされるケースがありますが、ブレーカーは容量が足りないままや空きがないままの古いタイプのままであるよりかは、新しくした方がいいです。

古いタイプのブレーカーには、漏電ブレーカーが備わっていないケースもありますし、またエアコンなどを新たに取り付けたいという時などでも回路数に余裕があって、容量にも余裕があるブレーカーにしておいた方が、工事もかなりスムーズです。

工事においてブレーカーを触らないとダメな時に交換費用がかさんでしまうと躊躇してしまう場合もあるかもしれませんが、コンロにと考えなくても家全体を考えた場合にも必要なので、しっかりとブレーカーは古く容量が小さいものであるなら交換はお勧めします。

本体の取り換え工事自体はそんなに時間はかかりません、むしろガスコンロよりIHコンロの方が施工時間はより短いです。

ただし、これはブレーカーなどの工事がすでに終了しているかブレーカーの工事が不必要だった場合が前提ではあります。

ガスコンロからIHコンロへ交換によるメリット・デメリットについて

ガスコンロからIHコンロへ交換する方のほとんどの方は、実は都市ガス使用者よりプロパンガス使用者の方がほとんどです。

それは安全性や便利性もありますが、何よりも光熱費削減になるからです。

都市ガスに比べてプロパンガスはどうしても相対的に費用が高いので、プロパンガスしかない地域にお住まいの方にとっては、電気のIHコンロに交換した方が光熱費を結果的に安く抑えることができます。

それとさらにオール電化にしてしまえば、より光熱費を抑えることができるので、プロパンガス地域にお住まいの方にとっては救世主ともいえる商品といえます。

しかし、近年ではプロパンガス地域にお住いの方以外でもIHコンロに変更する方も増えてきているのでガスコンロからIHコンロへと交換するにあたってのメリットやデメリットをご紹介します。

IHコンロの交換メリット

  • 掃除がし易い

これは前述でも挙げた通りですが、トッププレートがフラットなので、ガスのように細かく掃除が必要とならず、ほとんど一拭きで掃除が出来てしまいます。

  • 火が出ない安全性

こちらも前述でも挙げていますが、トッププレートから火が直接出ているわけではないので、調理中に気が付けば袖が燃えていたなどそういう心配はないので、そういう面では安全性があるといえます。

  • 調理時に熱がこもりにくい

ガスコンロで調理の場合、どうしても火が出ている分だけ熱が籠りやすく、キッチン自体が暑くなってしまうケースが多いですが、IHコンロの場合は、直接、火が出ていない分だけ熱源の熱風により室内が暑くなることが、ほぼありません。

  • 加熱が早い

ガスは何でも加熱が早いと思われがちではありますが、実は鍋に関していえばIHの方に軍配が挙がります。それは熱効率でいえばガスは50%前後、IHはなんと90%という驚異的な差があるからなのです。

ガスは広範囲で加熱するものなので、鍋だとどうしても大部分の熱が逃げてしまう形になってしまいます。しかし、IHの場合は鍋底だけに熱が集中するので、ガスよりも早く熱が伝わり温まります。

ちなみにお湯の沸騰や炒め物もIHコンロの方が早くできます。

  • ガス中毒の心配がない

ガスを使わないので、当然のごとくガス漏れの危険はありません。なので、ガス中毒になる心配もないので安心して調理ができます。

IHコンロの交換デメリット

  • 導入費用が高過ぎる

本体と取り付け工事以外にブレーカーの電気工事を合わせたら、かなり高額な金額になってしまいます。そこはガスコンロに比べたら割高となってしまうところなので費用は厳しいところです。

  • 使用する鍋・フライパンを選ぶ

ガスコンロの場合、使用する鍋やフライパンは選びませんが、IHコンロの場合は、IH対応のフライパンや鍋でないと使用ができません。

  • 炙りものができない

火がでないので当然のように炙り物はできません。なので、スルメを炙りたいと思ってもIHの場合だと、ほどよく炙ることができないのでグリルなどで焼くことくらいしかできません。

  • 停電時に使用ができない

IHコンロは電気なので停電が起きればコンロ自体は当然のように使用できません。

  • フライパンが振れない

食材を良い感じに混ぜながら食材を均等に加熱させたいとフライパンを振ったりしたいところですが、ガスではできてもIHではフライパンを振ったりしてたら加熱が止まります。

IHコンロのメリット・デメリットまとめ

今までガスを使用していた方からしたら見た目や機能面は大差がなかったにしても、使い勝手はなどは、メリット・デメリットを見て頂けたなら分かると思いますが、ガスコンロとIHコンロでは、かなり違いがあるので戸惑うことが最初は多いかとは思います

火に関しても確かに火自体が表面に発生はしていないので、安全性がガスよりも高まったという利点はありますが、ガスに比べて火が出てない分だけ加熱が弱まっているのではないか?というのは誤解なので改めて認知する必要性があります。

前述でも述べた通り、ガスよりIHの方が熱効率が高いので決して弱まったわけではありません。

むしろ、火が表面に出なくなったという利点があるので加熱の調整が目視ではしにくくなり、場合によっては食材を焦がしやすくしてしまっていることが多いです。

ガスは全体的に均等に加熱をしていくのと、火の加減調整を目視してできるので、大体の人が調整にはすぐ慣れますが、IHの場合はそうじゃないだけに慣れるには多少の時間が必要となります。

しかし、IHコンロは慣れてしまえばスピーディな調理ができるので手の込んだ料理ではなくて簡単な料理であれば、時間をかけずに調理ができます。

また使用後の掃除もガスコンロに比べたら非常に楽ですし、調理中もキッチンが暑くなりにくいので、特に夏場なんかの調理でもガスに比べたら楽にできるという利点もあります。

良し悪しのメリット・デメリットは、どの商品であっても必ずといっていいほどありますが、自分の家には何を優先したいのか?で選び方は変わってくるかとは思います。

いかがだったでしょうか?

ガスコンロからIHコンロへ変更の費用やメリット・デメリットを今回はご説明させていただきました。

個人的には調理がそんなに得意な方ではないので、安全性や掃除のし易さを考えてしまうのでIHコンロの方を選んでしまいますが、これも考え方は様々だと思います。

これからガスコンロからIHコンロへと交換なさる方で費用など気になる方は、一度、ご自宅のブレーカーを確認してとキッチンの間口を確認してから、業者などに相談なさってみてはいかがでしょうか?

ビルトイン型のガスコンロからIHコンロへの交換を依頼する良い業者探しのコツは?

据置型のコンロなら工事はなく購入してガスコンロと置き換えれば簡単に取替えができます。
 
しかしシステムキッチン埋め込みのビルトイン型は必ず工事がいるので業者探しをしないといけません。
 
いつもお家の工事を依頼している業者がいれば問題ないと思いますが、いつも頼んでいる業者がいない場合や知り合いに業者がいない場合はどうしたら良いのか?
 
このような工事を頼む時は交換費用の見積り比較で少しでも安く工事するのが良いことなのです。
 
同じ工事内容と商品でも業者により交換費用は違ってきます。
 
しかし色々な業者に電話したりお店に行くのが面倒だったり時間がない場合などはネットの見積り比較業者の利用がおすすめです。
 
今はネットで簡単に無料見積り依頼ができ優良業者を見つけることができます。
 
ネット見積り比較大手の全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】では3分程で見積り依頼ができて複数業者を紹介してもらえます。

見積り希望から「リフォーム希望など」の項目にガスコンロからIHコンロ交換希望、などで簡単に依頼ができます。
忙しくて時間が無い方や少しでも安く工事したいと思う方は是非ご活用ください。

公式サイト:全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】
 
また、コンロの取替えをするときにキッチンリフォームを検討するご家庭もすくなくありません。
 
キッチンの入れ替えはは下の台だけの入れ替えなら10万円台からできる商品もあります。

キッチンリフォームについて詳しく解説している記事もあるので参考にしていただければと思います。
 

人気の関連記事