疲れがとれない方必見!その原因は食生活とサプリメントで解消できる!?

疲れが取れない原因 サプリメント

日々の生活をしている中で「疲れがとれない」と感じることがあると思います。

疲れが取れない原因は人によりさまざまな原因がありますが、病院にいってもなかなか改善されない時に少しでも改善できる体質にするための方法や食事などについて書かせていただきます。

私はとくに仕事が忙しい時期でもない時に「寝ても寝ても体がだるい、、」といった時期がたまにあります。

その時にためして個人的に効果があるかなあと思っていることなどもご紹介させていただきたいと思います。

疲れが取れない原因を消去法で消して改善していくことが大事!

普段の生活の中で仕事をしていたり、学校に通ったりしていて「疲れがとれない、、、気分がすぐれない、、なんかダルイ、、

などが続くことがあると思います、私も年に数回そのような時期がるのですが、まず疲れが取れない原因を探すことが大事なポイントとなり、「そのうち治るだろう」という考えでは気分がすぐれない日々を多く過ごすことになりかねません。

人により原因はさまざまですが、まず「なぜ疲れがとれないんだろう?
と疑問にもち、少しでも改善する努力は必要になると思います。

 「病気?」「睡眠不足?」「食事?」自分の疲れが取れない原因は何?からはじめてみる

 疲れががとれないなあと思いながら原因が何か?を自分自身で検証しない方は以外に多くいるんじゃないかと思っています。

私も最初のころは「よく寝たのに体がダルイな~」などからはじまり、それが数日続き「これって病気かも」なんて思い病院に検査に行ったのを覚えています。

病院の検査ではとくに異常もなく「睡眠不足や食生活と関係していることもあります

と言われました、私は病気じゃないなら少しでも改善していきたいと思いネットなどで調べて疲れが取れない原因と言われていることで「すぐ出来そうなこと」をとりあえずはじめていきました。

自分自身で原因の心当たりがない場合は「まずは病院」での検査が個人的には良いと思っています。

病気と言っても「心の病鬱病」であったり、糖尿病からきている倦怠感など病気でもひとくくりにはできません。

私は何故病院に検査を最初にすることが良いと思っているかと言うと「精神的な病気や体の
病気以外」ならなんとか自分で改善できる可能性があると思っているからです。

精神的な病気や体の病気からきている場合は「自分では改善することが難しい」ことがほとんだと思いますが、病気でなければ「食生活や運動不足、睡眠不足」などといった日常の生活で治していくことも可能だからです。

もちろん「病院が最後」の選択でも良いと思います、疲れがとれない原因と言われている食生活や運動不足などをためしても治らない!じゃあ病院へ行こう。

よりかは「病気じゃない」から改善策を探していくことの方が「スタートとゴールが違う」ので、改善できる可能性も大きく変ってくると思います。

  • 病気ではない→改善方法見つかるまで探す
  • 運動不足など色々ためしたけど駄目→病院→病気じゃ無かった場合諦める

最後に病院を選んだ場合は病院に行って病気ではないし、色々改善方法試したのに、、もう無理だ、、で終了する可能があります。

病気でない場合は必ず少しでも疲れが残らないように改善する方法はあるはずです。

食生活が原因の場合にためしたい改善方法

日々の疲れが取れない原因の1つに食生活が関係しています、ご飯を食べることは毎日する行動の1つで少し心がけるだけで積み重ねが疲れが取れない原因などの改善につながります。

  • 糖質の取りすぎ
  • コーヒーなどカフェインの取りすぎ
  • お酒の飲みすぎ
  • ビタミン ミネラル不足
  • 外食が多く炭水化物の取りすぎなど栄養の偏り
  • 枕など寝具が体に合っていない

まだほかにも原因と言われていることは多くありますが、基本的には生活リズムや食生活が関係していることが多くあり、少し気をつけるだけで改善できることがほとんどです。

規則正しい生活と食生活を見直す

不規則な生活をしていては疲れがなかなか取れないことは簡単に予想できます。

仕事の事情でどうしても不規則な生活になることもあると思いますが、健康だからこそ仕事ができます、毎日仕事で帰宅が遅くなる方でもい出来るだけ同じ時間に寝て、起きる習慣をつけることをしましょう。

そして寝る前に炭水化物やなどをいっぱい食べると、寝てる時に消化するのにエネルギーを使い疲れが取れない原因などになります。

寝る直前にお腹いっぱい食べるのではなく、睡眠の2時間~3時間前ぐらいまでの食事が良いと言われています。

アルコールの飲み過ぎも疲れが取れない原因の1つ 

疲れが取れないと感じたら普段よりお酒の量を減らしてみる。
 
アルコールは睡眠を誘う効果があり、寝る前にお酒を飲む方も多くいると思います。

私も寝る前、夕食中などはお酒を飲みますが、飲み過ぎた次の日は体がダルイと感じることは多くあります。

アルコールは飲みすぎると深い睡眠ができない場合があり、無呼吸症候群の方などは症状がひどくなり余計に疲れがとれなくなってしまいます。

寝る前にお酒を飲む場合でも「ほどほど」にして少しでも良質な睡眠をとることが大事なこととなります。

ビタミンやミネラル不足が原因の場合は野菜シュースやサプリメントで栄養補給

 ビタミンやミネラル不足も疲れが取れない原因になると言われています。

食生活に関係してきますが、ビタミンやミネラル不足ならサプリメントやコンビ二やスーパーで販売されいる野菜ジュースなどで栄耀補給ができます。

規則正しい生活をすることが大事ですが、栄養バランスも大事なことです。

一日だけではなく継続してビタミンを取ることだ重要なので、忙しく自炊が出来ない場合などはサプリメントや野菜ジュースなどで不足している栄養をとりましょう。

    まとめ

    疲れがとれないと感じた時にすることは

    • 忙しく睡眠時間が少なくてできるだけ同じ時間に寝て起きるリズムをつくる
    • 食生活を見直し、寝る前に炭水化物などでお腹いっぱいにするのをやめてみる
    • 普段お酒を飲む方は飲む量を減らしてみる
    • 不足しているビタミンやミネラルをサプリメントや野菜ジュースで栄養補給 

    この4つをしてみるだけで改善できる方もいると思います。
     
    私は寝る時間と起きる時間をできるだけ決め、ビタミンなど不足しがちな部分をサプリメントなどでとることで疲れが取れにくいときに効果があると感じています。

    人によりそtれぞれ原因は違いますが、「まず病院に行き検査」 をしてもらい、病気でなかった場合は原因を探すことで「自分の体質」などが理解でき、体調管理などができやすくなること思います。

    人気の関連記事

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました