LINEモバイルは速度が「爆速!」評判やメリットについて徹底解説!

LINEが格安SIM「LINEモバイル」に参入したことは記憶に新しいと思います。

基本料料金が高いキャリアからMVNOの格安回線に移行する方は去年辺りから凄い勢いで増加。

これからまだまだ伸びる格安SIMの市場に「LINE」が参入すると発表された2016年から期待の声が多くある「LINEモバイル

これから格安SIMに会社を変更するにあたり候補して「LINEモバイル」は必ず候補になってくる1社です。

格安SIMに変更を考える上で気になるのが「料金・速度・メリット」などですが、記事では評判なども含め徹底解明させていただきます。

LINEモバイルの実際の速度や評判ってどうなの?

LINEと言えば今ではスマホ使用者のほとんどの方は一度は使用しているか、今では職場などの連絡でも多く使われているアプリです。

スマホアプリのゲームでも人気上位にランクインされているアプリも多く「ユーザーを満足させる」ということが凄く得意な会社です。

キラーアプリを多数作っているLINEがMVNOに参入するということで2016年の参入の発表以降
期待」の声が多くありました。

2016年9から正式にサービスが開始されユーザーの数も多くなり実際の速度、メリットやデメリットや評判も沢山あり、格安SIM会社へ移行を検討されている方は参考になるはずです。

MVNOの仕組みが解らない方のために簡単に「格安SIM」とはなに?の説明をさせていただきます。

去年あたりから勢いがついてきたMVNO格安SIMって?

最近とくにテレビやニュースで目にすることが多くなった「格安SIM」ですが、簡単な仕組みを理解することでMVNOの会社選びの約に立つと思います。

言葉のイメージ通りで「料金が安い携帯の通信会社」とイメージしてください。

今ドコモやAU、ソフトバンクのキャリアでスマホの契約している方は毎月の基本料などの最低維持費は「7.000円~10.000円」になっているはずです。

この高い基本料金がネットだけのデータ通信プランなら1.000円未満、通話もデータ通信もできるプランでも「2.000円台~」とキャリアに比べて半額以下の維持費に変更できることで人気が高くなっています。

格安SIMの会社が安く料金プランを設定できるのは「自社で基地局などの設備が無くドコモやAUといったキャリアにお金を払い回線を借りている

投資金額などが少なく基地局などのメンテナンス費なども無く、安い基本料金プランの設定が可能となっています。

LINEモバイルは「docomo」回線を使用!通信速度や電波は安定!

LINEモバイルは通信の回線にdocomoの回線を使用しています。

格安SIMで心配されるのが「電波の安定性や通信速度」です、いくら基本料金が安くなっても「繋がらない・データ通信が遅い」ということになっては意味がありません。

LINEモバイルでは安定のdocomo回線を使用しているため通話の安定と言う面では問題ないでしょう。

そして気になるデータ通信の速度ですが、計測値としては格安SIM業者のなかでは「トップクラス」 の速度と言っても良いでしょう。

データ速度は朝の時間帯や、お昼といったスマホの利用が集中する時間帯によりデータ通信の速度に変化などがはあるのですが、LINEモバイルの通信速度は比較的安定していてUQモバイルやマイネオといった格安SIM会社と同じように通信速度は速いMVNOの会社となります。

今後LINEモバイルの利用者が爆発的に増加したりすると速度などの変化はあるかもしれませんが、現在は「通信速度でLINEモバイルを選ぶ」ことを判断しても後悔はしないでしょう。

LINEモバイルの「カウントフリー」が凄い!メリット デメリットや評判のまとめ

LINEモバイルのメリットやデメリット、評判などについてです。
冒頭でも書かせて頂きましたがLINEといえばキラーアプリを多くだしているモンスター企業です。

無料通話とメッセージ機能のLINEアプリは今でも個人、会社の連絡などで使用されているアプリ。

ほかにはゲーム関連のアプリでもツムツムやLINEPOPなど数えだしたら本当に沢山あります。
人気が爆発し長期に渡りランキングに入るということは「面白さ、ユーザーの満足度」があるからとも言えます。

ユーザーを満足させることが得意な会社が始めたサービスが「カウントフリー」という特定のSNSのパケット通信をカウントしない!という革新的なサービスです。

これには「さすがLINE!!」と言わざる得ません。

公式HPでお申し込みができます LINEモバイル

LINEモバイルの人気SMS使い放題「カウントフリー」について

コミュニケーションプランなら人気SNSが使い放題の「カウントフリー」サービス。
このサービスだけでもLINEモバイルを選ぶ選択理由になると思います。

  • LINE 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

が「データ使用量をカウントしない」という革新的なサービスがカウントフリー。

LINEモバイル メリット デメリット

SNSは今では生活に欠かせないコミュニケーションツールの一つでもあります、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムのチェックを毎日しているだけで1ヶ月のデータ使用量はそこそこかかります。

また「データ使用量がオーバー」して速度制限がかかっても上記のSNSに関しては通常の速度で観覧できるため良いサービスとなっています。

LINEモバイルの実際の速度や評判ってどうなの?

LINEと言えば今ではスマホ使用者のほとんどの方は一度は使用しているか、今では職場などの連絡でも多く使われているアプリです。

スマホアプリのゲームでも人気上位にランクインされているアプリも多く「ユーザーを満足させる」ということが凄く得意な会社です。

キラーアプリを多数作っているLINEがMVNOに参入するということで2016年の参入の発表以降
期待」の声が多くありました。

2016年9から正式にサービスが開始されユーザーの数も多くなり実際の速度、メリットやデメリットや評判も沢山あり、格安SIM会社へ移行を検討されている方は参考になるはずです。

MVNOの仕組みが解らない方のために簡単に「格安SIM」とはなに?の説明をさせていただきます。

去年あたりから勢いがついてきたMVNO格安SIMって?

最近とくにテレビやニュースで目にすることが多くなった「格安SIM」ですが、簡単な仕組みを理解することでMVNOの会社選びの約に立つと思います。

言葉のイメージ通りで「料金が安い携帯の通信会社」とイメージしてください。

今ドコモやAU、ソフトバンクのキャリアでスマホの契約している方は毎月の基本料などの最低維持費は「7.000円~10.000円」になっているはずです。

この高い基本料金がネットだけのデータ通信プランなら1.000円未満、通話もデータ通信もできるプランでも「2.000円台~」とキャリアに比べて半額以下の維持費に変更できることで人気が高くなっています。

格安SIMの会社が安く料金プランを設定できるのは「自社で基地局などの設備が無くドコモやAUといったキャリアにお金を払い回線を借りている

投資金額などが少なく基地局などのメンテナンス費なども無く、安い基本料金プランの設定が可能となっています。


公式HPからお申し込みできます。 
LINEモバイル

LINEモバイルは「docomo」回線を使用!通信速度や電波は安定!

LINEモバイルは通信の回線にdocomoの回線を使用しています。

格安SIMで心配されるのが「電波の安定性や通信速度」です、いくら基本料金が安くなっても「繋がらない・データ通信が遅い」ということになっては意味がありません。

LINEモバイルでは安定のdocomo回線を使用しているため通話の安定と言う面では問題ないでしょう。

そして気になるデータ通信の速度ですが、計測値としては格安SIM業者のなかでは「トップクラス」 の速度と言っても良いでしょう。

データ速度は朝の時間帯や、お昼といったスマホの利用が集中する時間帯によりデータ通信の速度に変化などがはあるのですが、LINEモバイルの通信速度は比較的安定していてUQモバイルやマイネオといった格安SIM会社と同じように通信速度は速いMVNOの会社となります。

今後LINEモバイルの利用者が爆発的に増加したりすると速度などの変化はあるかもしれませんが、現在は「通信速度でLINEモバイルを選ぶ」ことを判断しても後悔はしないでしょう。

LINEモバイルの「カウントフリー」が凄い!メリット デメリットや評判のまとめ

LINEモバイルのメリットやデメリット、評判などについてです。
冒頭えも書かせて頂きましたがLINEといえばキラーアプリを多くだしているモンスター企業です。

無料通話とメッセージ機能のLINEアプリは今でも個人、会社の連絡などで使用されているアプリ。

ほかにはゲーム関連のアプリでもツムツムやLINEPOPなど数えだしたら本当に沢山あります。
人気が爆発し長期に渡りランキングに入るということは「面白さ、ユーザーの満足度」があるからとも言えます。

ユーザーを満足させることが得意な会社が始めたサービスが「カウントフリー」という特定のSNSのパケット通信をカウントしない!という革新的なサービスです。

これには「さすがLINE!!」と言わざる得ません。

LINEモバイルの人気SMS使い放題「カウントフリー」について

コミュニケーションプランなら人気SNSが使い放題の「カウントフリー」サービス。
このサービスだけでもLINEモバイルを選ぶ選択理由になると思います。

  • LINE 
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

が「データ使用量をカウントしない」という革新的なサービスがカウントフリー。

LINEモバイル メリット デメリット

SNSは今では生活に欠かせないコミュニケーションツールの一つでもあります、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムのチェックを毎日しているだけで1ヶ月のデータ使用量はそこそこかかります。

また「データ使用量がオーバー」して速度制限がかかっても上記のSNSに関しては通常の速度で観覧できるため良いサービスとなっています。

 

LINEモバイルのメリット

LINEモバイルのメリットについてのまとめです。

  • 人気SNSがデータ使用量のカウントに入らず使い放題

先ほど紹介したツイッターやインスタグラムなどの人気SNSが使い放題

  • MUSIC+プランならLINEMUSICも使い放題

MUSIC+プランならLINEが提供している音楽配信サービス「LINEMUSIC」も使い放題。
音楽配信はデータ容量をよく使うのでWi-Fiがある環境でしか使用していない方も多くいたと思います。

MUSIC+プランなら外出先でも通学、通勤途中でもデータ使用量をきにせずガンガン音楽を検索して聴けてしまいます。

  • データ通信がとにかく早い

速度が速いと言われてるUQモバイルやほかの格安SIMの会社と比べてトップの争いをできるデータ通信速度。

ユーザーが増えることで今後変更がかかるかもしれませんが、ユーザーの満足度を大切にしているLINEは簡単には速度を落とすということしないような気もします。

  • 今後更に革新的なサービスに期待できる 

革新的なサービスをリリースし続ける会社だからこそ今後の良いサービスにも期待できる。

  •  LINEアプリの年齢認証ができる

LINEアプリの格安SIMで使う時の問題点が「年齢認証ができない」ことからID検索ができないという不便な部分がありました。

ID検索ができないことで不便なことがある格安SIMの運用部分が解決します。

  • 端末の購入が一括払いのみ 

現在端末の購入は一括払いのみとなっているLINEモバイル。
これをデメリットという方も見かけますが、メリットと見ても良いでしょう。

今後分割払いも開始するかもしれませんが、学生などが分割払いにして「携帯代を滞納」してしまった時」にローンなどの審査が通らなくなることが少なくなります。


携帯の分割はローンとなるので携帯代が遅れるだけでローン会社からの「信用」がなくなります。
就職していざ車の購入でローンが組めない、クレジットカードも作れない!ということになる可能性がなくなります。


携帯代などはうっかり支払いを忘れたり、「ローンで購入している」としっかり理解できてない方も多くいるので、デメリットではなくユーザーのことを考えている一括払いと思います。

  • サポートがLINEトークでも聞けて便利

自社のアプリをしっかり活かしていると思えるサポート体制
電話・メール・LINEトーク」で質問などができて安心。

電話するまでは、、、なんてこともトークで聞けるのでこのようなサービスは本当にキラーアプリをだして融合できるLINEにかできない部分でしょう。

LINEモバイルのデメリット

LINEモバイルのデメリットについてです。

デメリットもちろんあり、メリットとデメリットを天秤にかけてメリットが大きければ格安SIMの契約会社としては選んでも良いと言えます。

  • 端末の動作確認は必須 

これはLINEモバイルに限ったことではないですが格安SIMの契約では持っているスマホなどの端末が動作するかしっかり確認が必要です。

契約していざSIMを挿しても「対応端末」 では無かったということは避けましょう。

動作対応確認は公式HP↓ 
 LINEモバイルの動作対応端末の確認 一覧

  • SNSや音楽配信アプリを利用しない方には割高感がある

データ通信プラン1G 500円というプランもありますが、LINEモバイルのサービスの魅力はコミュニケーションプランやMUSIC+プランのSNSや音楽のデータ使用量をカウントしないというところです。

後で紹介しますが、SNSや音楽配信アプリなどをあまり使用しない方には「良い料金プラン」と言えるプランはないかもしれません。

LINEモバイルの料金プランはシンプル

料金プランについてです、LINEモバイルは格安SIMの会社の中でも料金プランはシンプルと言えます。

  • LINEフリープラン 月額500円で1GB+LINEアプリの通話 トーク使い放題

 一番安いデータプランとなります、LINEメインやEメールなどで使う分には破格の価格です。

田舎のおじーちゃん、おばーちゃん、親に連絡専用としてプレゼントして端末とセットで使ってもらうなどでも良いかもしれません。

LINEモバイル料金プラン フリープラン
  • コミュニケーションプラン 3GB~10GB の中からプランを選べます、LINE、Twitter、Facebook、Instagramの通信データ消費はゼロプラン

人気SNSのデータ消費がゼロプランで革新的プランとなります。

スマホでSNSの観覧を多くする方には大変メリットがあるプランで、SNS以外に使うデータ使用量も3GB~10GBまで選べます。

  • 3GBデータ通信プラン「月額1.110円」 音声通話付「月額1.690円」
  • 5GBデータ通信プラン「月額1.690円」 音声通話付「月額2.220円」
  • 7GBデータ通信プラン「月額2.300円」 音声通話付「月額2.880円」
  • 10GBデータ通信プラン「月額2.640円」 音声通話付「月額3.220円」

 

LINEモバイル 料金プラン一覧

普段5GBの契約の方でSNSのパケット通信を良く使う方なら3GBプランでも大丈夫になる方も多くいると思います。

※SNSのデータ使用量ゼロプランになりますが、SNSから違うサイトなどの動画を見たら通信量は加算されます。
無料範囲の一覧をご確認ください。

  • MUSIC+プラン  LINEMUSIC使い放題+人気SNSデータ使い放題(LINE MUSICには別途お金がかかります)

音楽配信アプリの弱点とも言えるデータ通信の欠点を解決してくれるプラン。

それに合わせてSNSのデータ使用量もゼロとなる革新的なプランの1つ、LINE MUSICを利用するには料金は発生しますが「視聴や歌詞の観覧、音楽の保存、検索」のデータは制限がかかっても高速で利用できます。

  • 3GBデータ通信プラン「月額1.810円」 音声通話付「月額2.390円」
  • 5GBデータ通信プラン「月額2.140円」 音声通話付「月額2.720円」
  • 7GBデータ通信プラン「月額2.700円」 音声通話付「月額3.280円」
  • 10GBデータ通信プラン「月額2.940円」 音声通話付「月額3.520円」

 

LINEモバイル 料金プラン MUSIC+

通学や通勤途中に音楽を聴いている方にはピッタリなプランです。

一番高い10GBのプランでも月額4.000円を切るというキャリアのプランでは考えれない設定となっています。

10GBも使用できてSNSや音楽までデータ制限がかかっても快適に使用できるのは大きいメリットと思います。

料金プランや保証など公式HPで確認できます LINEモバイル

LINEモバイルの気になる評判

LINEモバイルの評判のまとめとなります、スピードの満足度などの評判はほかのMVNOの会社より凄く多くあります。

LINEモバイル 評判

画像を見ていただいたら解りますが、速度はLINEモバイルの独走となっているようです。
格安SIMも選ぶ基準は「価格、通信速度」が今まではメインでした。

基本料金が格安でも通信速度が遅いとストレスが溜まります。
格安SIMの会社の中でLINEモバイルは一番安い料金設定ではありませんが、「価格に見合った速度とSNSデータ使用ゼロ

という革新的なプランで、一番バランスが取れている会社でもあります。

評判も良い評判も悪い評判もありますが、総合的にも「良い評価」のコメントが多く格安SIMの会社の中でもトップクラスに入ると思います。

LINEモバイルのお申し込みは公式HPからできます。LINEモバイル