【2019年版】ビルトインコンロ 元営業マンが価格や機能で選ぶ人気のおすすめコンロ3選!

ビルトインコンロとは?人気のおすすめコンロの価格や交換時の工事時間やガステーブルとの違いなどについて

今回の記事ではシステムキッチンの埋め込み方の「ビルトインコンロ」についてコンロ交換の際に価格や機能でオススメできるビルトインコンロをご紹介させていただきます。

コンロという機械は毎日使うご家庭が多く、料理の吹きこぼれなどしした後にしっかりお手入れしてもコンロ事態の劣化は早くなったりします。

ここ数十年でリフォームなどの市場も盛んとなり、従来型の「台所セット」からシステムキッチンにリフォームしたご家庭なども多くあります。

始めてビルトインコンロの交換をするときに「工事大変かな?」「工事日数は?」 「コンロの交換費用高いのかな?」などの疑問などがあると思います。

特にビルトインコンロで「下にガスオーブンがついているタイプ
オーブンはまだ使えるけどコンロだけ交換できるのか?

などについてもご説明させていただきますのでよろしくお願いいたします。

ビルトインコンロってどんなコンロ? 下にガスオーブンがあるけどコンロだけの交換はできる?

まずガスコンロにも大きく分けて種類が2種類あります、「ガステーブル」と言われているタイプと「ビルトインコンロ」の2種類です。

今回交換や価格でおすすめさせていただくコンロは「ビルトインコンロ
といってシステムキッチンに埋め込まれているタイプのコンロで、火が出るところが3つある場合が多いコンロとなります。

ビルトインコンロ ハーマン

出典:ハーマン ビルトインコンロ

上の画像のようなタイプがビルトイン方のガスコンロになります。

基本的にビルトインコンロはバーナー【火の出る部分】が3つ口がほとんどですが、機種によっては2口のコンロもありますので後でご紹介させていただきたいと思います。

ビルトインコンロとガステーブルの違いって?

ビルトインコンロとガステーブルのコンロの大きな違いについてですが、ビルトインコンロはコンロ交換するときに「工事が必要」になります。

ガステーブルは卓上コンロとも言われていてコンロ交換はお家の方でもガスホースの付け替えなどだけで簡単にできるようになっています。

ホームセンターや電気屋さんでもガスコンロ売られていることもあると思いますが、ガスのバーナー口が2つのタイプが基本的にはガステーブルタイプとなります。

ガステーブル

上の画像が卓上タイプのガステーブルとなります。
ガステーブルでグリルをよくお使いになる方などはパロマやリンナイのお手入れが楽なコンロなどがおすすめです。

ビルトインコンロ交換の工事時間とガスオーブンが設置されいるパターンについて

システムキッチンでビルトインコンロ設置されているご家庭でコンロの下にガスオーブンがついてるパターンもあると思います。

「ガスオーブンは交換しなくて上のコンロだけの交換ができるのか?」 とよく聞かれることがありました。

答えとしては「基本的にはできます!ただし交換機種が限られたりする場合があります!
そして「昔のナショナルタイプの一体型は出来ない機種があります」

だいたいのビルトインコンロとオーブンは別別に交換できるのですが、10年~15年以上前のナショナルのビルトインコンロとオーブンがコンロだけの工事ができないのがあります。

これは営業マンなどが見積もりなどに来たらすぐに「コンロだけでは無理です」と言われると思います。

ガスオーブンはそのままでコンロだけでの交換でなぜ機種が限定される場合があるのか?

ガスオーブンだけまだ使えて上のコンロだけ壊れるパターンがよくあります。

この逆のパターンで「コンロは使えてガスオーブンが壊れるパターン」ももちろんありますが、このパターンは修理せずに放置されることが多いと思います。

実際オーブン使わないご家庭が多く、無くても不便じゃないからと修理せず使わないという選択になるようです。

電子レンジ機能がついているガスオーブンもありますが、レンジ機能が壊れて修理するぐらいならレンジだけ買った方が安いこともあったりします。

ビルトインコンロとガスオーブンが同時に壊れることはあまりなく、上のコンロだけの交換する場合ですが、10年前にリフォームしてコンロとガスオーブンのメーカーが「リンナイ」 だった場合。

コンロが壊れてコンロを見ているとカワイイデザインのコンロを見つけたのですが「ハーマン」のコンロだった。

簡単に言うと下のガスオーブンのメーカーは「リンナイ」で次に取り付けたいコンロは「ハーマン」メーカーが違うので接続できるのか?

といった問題がでてきます、メーカーが違っても接続できる工事部材があり接続できたりするのですが、できないコンロもあります。

その時は気にいったコンロではなく同じリンナイのコンロにするか、お金はかかりますがガスオーブンまで一気に交換してしまうしかありません。

ただリンナイとハーマンのコンロはデザインが似ているのが多くあるため、機能面の違いはありますが、ある程度はメーカーが違っても似たコンロを取り付けできると思います。

コンロのメーカーで良いデザインを出しているメーカーはリンナイとハーマンが良い機種が多いと思います。

ガスオーブンが絡む工事などは見積もり依頼し家に来て貰う必要性があります。

お知り合いやいつも工事を頼んでいる業者が居ない方は「全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】」などを利用すれば全国無料見積もり依頼ができます。

ネットの見積もり比較業者はたくさんありますが保障やサポートを考えれば大手の見積もり比較業者が安心でおすすめです。

リショップ公式サイト:全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

リショップ公式HPの「見積もり依頼」の欄をクリックし「下見の依頼」から簡単に無料で見積もり依頼ができます。

ガスオーブンは必ず現場に見に来てもらわないと見積もりが基本的にできないので、見積もりにきてもらう手間はかかりますが少しでも安く工事したい場合は見積もり比較業者の利用をおすすめします。

コンロやガスオーブンの交換時にはキッチンのリフォームを検討するご家庭も少なくありません。


キッチン事態の年数が10年20年以上と経過している場合はコンロやオーブンの交換時にはキッチンのリフォームも同時に検討してみても良いと思います。

【2019年版】ビルトインコンロのデザインや価格などで人気のおすすめ機種3選!

リンナイ ビルトインコンロ (ビルトインガスコンロ) LiSSe リッセ ここ数年でコンロの天板の色を選べるコンロが増えて、天板の色を選べるコンロの人気は上がる一方です。

リンナイやハーマンでも天板の色を選べるコンロは一番人気を争う機種になっているんじゃないかと思います。このLiSSe リッセも天板の色と天板の長さが選べる機種となっています。

リッセはグリルの掃除が楽になったり、直火で美味しい料理ができるココットプレートも付属されています。

リンナイ ココットプレート

リンナイの人気コンロアイテムの1つココットプレート、このプレートに入れグリルで料理をしたらグリル内の汚れが大幅に削減されます。

グリル料理で後片付けが嫌な方も多いと思いますが、ココットプレートがあれば最後の片づけも楽になります。

リンナイリッセ カラー

リンナイ リッセカラー2

出典:リンナイ リッセ

上の画像 を見ていただいたら解りますが、天板の色とサイズがしっかり選べるようになっています。


機能面でも良い機能があり

  1. 温度調節機能
  2. コンロタイマー
  3. オートグリル&連続オートグリル
  4. 炊飯機能
  5. Wワイド火力バーナー
  6. 遠赤外線セラミックバーナー
  7. スモークオフ機能

などまだまだ良い機能はありますが、コンロで大事な機能は全て入っていると思います。

従来の一般的なコンロは右か左とどちらかが「強火力」になっています。
片方は「揚げ物用」なんて書いている場合もあり、これをチャオバーナーと言います。

コンロを買うときにどちらを強火にするか選ぶのが基本ですが、このLiSSe リッセは右と左が強火力となります。

そして「オートグリル機能」 これは一度使うとかなり依存します。

グリルで魚を焼くときに「焼き加減など選んで自動で焼いてくれます
これは最近のコンロには標準になってきていますが本当に便利です。

スモークオフ機能はグリルで魚をよく焼いたりするご家庭には凄く良い機能となっています。

コンロの後ろ側にあるグリルを使用した時に出る煙やニオイを出すところに専用バーナーがついています。

この専用バーナーでニオイや煙を焼くのでニオイは99%、煙は81%カットします。

焼く魚や量によりニオイが99%カットまではないこともありますが、スモークオフ機能の無いコンロに比べると圧倒的にニオイやk無理はカットしてくれます。

リッセは天板の色も選べ 人気機種となります。

ユーディア Udeaef 2口バーナーのビルトインコンロ

リンナイ ユーディア

ビルトインコンロでは珍しい2口のバーナーのコンロです。

3口も使用していないご家庭も多くあると思います、2口になることでメインのバーナーが中心によりゆとりのあるスペースが確保されます。

また電源の操作なども天板の上で行いますので操作方法はIHコンロに近いと思います。

天板のサイズも60㎝と75㎝があり、基本的なシステムキッチンには合うコンロです。

コンロの安全装置が動いたり、グリルを消化したら音声でガイダンスしてくれる機能などもあり人気機種の1つ。

ココットプレートも付属されていて、グリル掃除も楽になりますし、直火が届くので美味しいグリル料理ができます。

  • 安全装置 震度4以上の揺れを検知するち自動消火
  • 鍋無し検知機能 鍋を置いていないと点火しない。料理中に鍋を持ち上げると火力が弱くなります。その後1分間鍋を置いていないと自動消化。

鍋なし検知機能は鍋を持ち上げた時に火力が弱くもなり、長袖の服をきている時に服の袖に引火することを防げます。

ビルトインコンロは3口あるタイプがほとんどですが、奥の小さいバーナーは鍋などをおくだけに使用している方も多く、2口で少し幅にゆとりをもたせるユーディアは良いコンロの1つです。

ハーマンのビルトインコンロ 水なしの片面焼き!天板は60cm幅 スタンダードトップタイプならリーズナブル!

グリルもたまにしか使用しない、タイマー機能などもいらないなどの場合はハーマンのコンロがおすすめです。
最低限の安全装置はしっかりついていて、価格も安いメタルトップシリーズ。
ハーマンビルトインコンロ
コンロが壊れて最低限の工事で良い場合などはハーマンのメタルトップシリーズはおすすめです。

ビルトインコンロの工事は1時間~2時間あれば終わります

ビルトインコンロの工事は以外と早く終わります。
キッチンの天板を外すの?なんて思う方もいてるかもしてませんが、コンロだけ上部に抜けるようになっています。

従来のコンロを抜いて新しいコンロを入れ込ガスホースを差し込むという工事なので時間は朝からの工事なら順調に終わればお昼までには十分終わる工事内容となっています。

ガスの工事となりますので知り合いの業者や実績がある信頼できる業者に依頼するのが安心です。

知り合いの工事会社などが無い場合少しでも安く工事したい場合はネット無料見積もり比較大手のリショップの利用などがよいと思います。

リショップ公式HP:全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

人気のリフォーム記事

あわせて読まれている人気記事