左手用で作業効率アップ!?「左利き用ワイヤレスマウス」おすすめ5選

iPhoneの登場以来、近年のパソコンもタッチパネル式の製品が非常に増えて便利になってきました。

しかし、まだまだタッチパネルもタブレットであるならば非常に効率よく使用もできますが、パソコンとなると特にゲームなどを主にしている方にとってはタッチパネルは非常に使いどころが難しいというのが現状ではないでしょうか?

やはり、流行のタッチパネルが市場に出回っているものの、まだまだ重宝されるのはマウスだと思います。

利き腕にあったマウスを使う♪左利き対応のジャストフィットマウス】左利き用ワイヤレスマウスおすすめ5選

今回は左利きの方のためだけのおすすめのワイヤレスマウスをご紹介させて頂くので参考にして頂けたらと思います。

しかし、マウスといっても利き手が違うものであったら扱いも不便になります。

左利きの方でも右手用のマウスに慣れてしまえば問題はないこもしれませんが、なれない場合は作業効率も悪くなっている可能性もあります。

自分にあったマウスを使用することは仕事やゲームでも効率はよくなりますので左利き用のマウスを探している方へ参考になればと思います。

利き手が違うものがあるといっても、出回っているマウスは右手用のものばかりで、左手用のものは何が少なく何が良いのかすら分からないという方も多いと思います。

用途に合わせて使うという意味合いでは、最新のタッチパネル機能は優れていたとしても、使いどころが無いままに宝の持ち腐れとなってしまうケースも多々あったりしてしまいます。

パソコンのタッチパネルよりマウスを利用する方が大半?

パソコンはデスクトップとノートがありますが、デスクトップだとタッチパネルも搭載されているのも増えていますが、大体がキーボードとマウスでパソコンの操作を行うと思います。

しかしノートの場合は、軽量化とコンパクト化をして機能をぎゅっと詰め込んでしまっているために、基本的にキーボードと本体に埋め込まれているタッチパッドを利用したりします。

これが何気に慣れてない方からすると、非常に煩わしく感じてしまうパーツの一つで、結局のところタッチパッドは付いているけどマウスを付けて利用するという方も少なくありません。

デスクトップやノートどちらでも使えて操作も単純で安心なマウスは、これからも需要は、まだまだ伸びてくる製品だと思います。

そんなマウスですが、需要があるからといって胡坐をかいているものでもありません。そう、しっかりと時代に合わせた進化も常にしていってくれています。

ひと昔前のUSBケーブルで繋いだ有線式しか無いと思っている方も実はまだいらっしゃいますが、最近ではワイヤレスマウスというのが主流となっています。

ちなみにワイヤレスとコードレスって一緒の意味でしょ?と、ひょっとしたら勘違いをしている方がいるかもしれませんが厳密にいうと別物です。

コードが無いのがコードレスでありワイヤレスだからイコールでしょ!

そんな風に頑なに思ってしまう方も多いと思います。現に商品説明などに紛らわしいというか間違っている解釈をされているものも多く、コードレス=ワイヤレスと解釈はされ勝ちではあります。

コードレスマウスとワイヤレスマウスの違いについて

簡単にご説明させて頂くと、コードレスとは内蔵電池や充電器によって電気の供給が常時必要なく動かせるようになったもののことであり、ワイヤレスとは無線により通信用のコードが不必要になったもののことをいいます。

なんだかややこしいですが、製品でいえばコードレスの仲間はコードレス掃除機やコードレスアイロンといった家電で、ワイヤレスの仲間はWi-FiやBluetooth搭載の通信機という感じの振り分けに思って頂けたらと間違いありません。

そんなワイヤレスですが、無線通信としては画期的であり非常に便利で、有線しかなかった頃のマウスは、線が邪魔になったり、動かしたい先に線が引っかかってしまったりとストレスになる経験をしたことがある方も多いはずです。

それがワイヤレスになると操作に関してストレスフリーになり、スムーズに操作をすることができたので、ある意味、感動すら覚えてしまうほどです。

しかし、便利なワイヤレスマウスではありますが、市場に出回っているほとんどは、右利き用にデザインされているものが主流となっているのです。

左利きであるのに、左利き用のマウスが見つからない。

仕方なく右利き用のマウスをあえて我慢して使うとなると、基本的にマウスは人間工学に基づいて手のひらにしっくりくるように作られているために、利き手が違えばボタンの位置も真逆であり、そもそも滑らかなエッヂも部分も逆になってしまうので、使いにくいどころか持ちにくくて仕方がありません。

せっかく便利なワイヤレスマウスなのだから利き手にあったマウスを見つけられたらそれをできれば使用したいのが当たり前だと思います。

利き腕にあった「左利き用マウス」を使う利便性について

また、利き手に合うマウスを選ぶのも当たり前ですが、その他のポイントとして形状や大きさも選ぶというのも重要です。

男性ならば手のひらが大きい人が大半ではあるので大型のマウスを選んだ方が良いですし、女性の方ならば手が小さい方が大半なので小型のマウスを選んだ方が良いです。

なぜならば長時間使用した場合に、大きさや形状をあまり考えずにマウスを購入してしまった場合、手のひらにフィットしないものは疲労感がたまってしまいます。

大体の方はキーボードで打ち込む操作よりもマウスを操作する場合の方が多いと思うので、大きさや形状は意識した方が良いでしょう。

それ以外にも、マウス自体の重さにも注意した方がいいかもしれません。マウス自体が軽いと非常にカーソルを軽快に動かすことができますが、軽すぎて思った以上にカーソルを動かし過ぎてしまう場合があったりします。

精密な操作をする作業が多い方は軽いマウスはおすすめは出来ないので、今回は左利き用であるワイヤレスマウスであり、また大きさや形状、重さなどにも着目しながらも、おすすめ商品をご紹介したいと思います。

左利き用パソコン「ワイヤレスマウス」おすすめ①K2プロデュース 左利き用 エルゴノミックワイヤレスマウス

  • 他に類が無い、エルゴノミック形状+左手用+ワイヤレスという機能を有したマウスです。「K2プロデュース」が十分なベンチマーク評価を行った信頼性の高い製品です。オフィス用途としても信頼性と使い勝手に自信と責任を持ってお勧め致します。
  • 移動認識:光学式  /  解像度:1000/1200/1600dpi (ボタン切替)
  • 接続方式:無線(2.4GHz) / 電源方式:電池式(単4型2本)
  • ボタン数:4(ホイールボタン含む) + 解像度変更ボタン(底面)
  • 同梱内容:マウス本体、USBレシーバー、簡易取扱説明書(日本語版)、初回分単4電池2本(Panasonic EVOLTA)

シンプル イズ ベストという言葉が非常にしっくりとくるワイヤレスマウスではありますが、エルゴノミックという他に類をみない指がしっくりくる形状は人体への配慮がなされています。

なので、複数のボタンは存在はしないワイヤレスマウスですが、腱鞘炎や手の疲れを軽減してくれはします。多機能性を求める方が多い中で、そこまでの機能はいらないが疲れにくいワイヤレスマウスが欲しいという方にはおすすめの製品かもしれません。

左利き用パソコン「ワイヤレスマウス」おすすめ②エレコム ワイヤレスマウス ブラック M-WK01DBBK

  • アイドリングストップ付BlueLEDマウス
  • 対応OS:Windows RT8.1、8.1、7、Vista、Mac OS X 10.10
  • 電波周波数:2.4GHz帯、分解能:2000カウント、読取り方式:光学センサー方式
  • 保証期間:6カ月、付属品:動作確認用単4形アルカリ乾電池×2、ユーザーズマニュアル×1
  • ボタン数:5個 ※ホイールボタン含む
  • 連続動作時間:約346時間
  • 外形寸法:本体/W71.9×D108.4×H37.7mm、レシーバ/W15×D17.6×H6mm、質量:本体/約66g ※電池含まず、レシーバ/約2g

立命館大学とエレコムの共同開発による5ボタンも付いている両利き用ワイヤレスマウスです。

握った瞬間にONとなり手を離した瞬間にOFFとなるアイドリングストップ機能も搭載され、左右対称となっているので持ち手を選ばないシンメトリーデザインを採用しています。

そのため左右を選ばないので、ボタンのそれぞれの役割は「エレコム マウスアシスタント」にて自分で選ぶことができます。

左利き用パソコン「ワイヤレスマウス」おすすめ③エレコム ワイヤレスマウス ブラック M-XT4DRBK

  • [接続方式]無線2.4GHz帯
  • [ボタン数]5ボタン ※ホイールボタン含む
  • [サイズ]Lサイズ、親指操作タイプトラックボール
  • [電源]単3形アルカリ乾電池、単3形マンガン乾電池、単3形ニッケル水素電池のいずれか1本 ローエナジーモード:約273日、ハイスピードモード:約176日 ※当社使用基準による
  • [保証期間]6ヶ月
  • [センサー]光学センサー方式

トラックボールまで付いている嬉しい6ボタンの左手専用のワイヤレスマウスです。

手の乗せ心地もしっくりくるデザイン性で、チルトホイールは人によっては、しっくり来ない方もいるかもしれませんが、ゲーミングマウスとしても、かなり高レベルな活用ができると思います。

6ボタンあるボタンのそれぞれの役割は「エレコム マウスアシスタント」にて自分で選ぶことができます。

左利き用パソコン「ワイヤレスマウス」おすすめ④koolriver ワイヤレス トラックボールマウス airm01w

  • 対応OS:WindowsXP以降
  • インターフェイス: USB
  • 解像度:デフォルト400dpi (DPI:400,600,800,1000変更可能)
  • 寸法:(W)11cm×(L)5cm×(H)6cm
  • 重量:約100g(本体) カラー:ブラック

このワイヤレスマウスは正直なところ慣れるまでに時間がかかる人はいるかもしれません。

左右の手を選ばないで使えるところと特殊な指をリングに引っ掛けるトリガーを持つようなデザイン性はスタイリッシュであり、なんといっても寝ころびながらでもワイヤレスマウス操作ができるという利点があります。

通常のマウスだと何処かに置いて使用したりする必要がありますが、こちらは全てトラックボールで操作ができるのと完全に手で握って持ちながら操作が可能なので本当の意味で場所を選ぶ必要がありません。

左利き用パソコン「ワイヤレスマウス」おすすめ⑤サンワダイレクト リングマウス2 400-MA077

  • 【2018年1月10日 NHK おはよう日本「まちかど情報室」で紹介されました!】 指に装着して親指で操作できるマウスです。指輪の様にはめておくだけなので、リングマウス2を付けたまま、キーボード操作や他の作業も出来ます。指に装着して操作するので、ソファやベッドに寝転がりながら簡単にパソコンを操作することが出来ます。
  • 左クリック、右クリックなどの標準的な5ボタンを搭載しています。ドライバーをダウンロードしてインストールすれば、追加でボタンの割り当てが可能です。ボタンの割り当ては、ドラッグ/移動、右クリック、左クリック、戻る、ダブルクリックから選択できます。
  • マウスカーソルのスピードを変えることが出来るカウント切替機能をご利用することが出来ます(ドライバーインストール時のみ)。リングマウス2を持ち運ぶときにレシーバーを紛失しない様に本体に収納することが出来ます。

そのデザイン性に注目が集まってテレビでも紹介されたほどに奇抜過ぎる指輪のような形状のリング型ワイヤレスマウス

マウスを指に装着したままでも操作が可能で邪魔になりにくく、会社のプレゼンなどにも向いている製品だといえます。

ただ、リング型なだけにあまりに小さいので慣れるまでに時間がかかってしまったり、好みは両極端になってしまうところは否めないですが、慣れてしまえばその操作性の虜になってしまう左右の手を選ばないワイヤレスマウスです。

左利き用ワイヤレスマウスのまとめ

これからも進化を続けていくワイヤレスマウスですが、最近では左手専用とうワイヤレスマウスはさらに減少傾向に入っており、どちらかというと両利き用のワイヤレスマウスが増えてはきています。

しかし、両利き用だと正直なところデザインは、かなり限定されてしまうのと多機能を求める方には物足りないワイヤレスマウスしかないので、やはり利き手にあったワイヤレスマスで多機能なものの方がパソコンを使いこなす方もそうでもない方も今後を考えれば良いとは思います。

でも、多機能なあまり使いこなせないから手が疲れないマウスが欲しいという方は、人体に優しいワイヤレスマウスを中心に選んだ方が良いとは思います。

そこらへんは正直なところ、マウスパッドなどを手の疲れないものに使用を変更したりすれば、ある程度は軽減ができてしまうので、そこも含めて自分にあったワイヤレスマウスを選んで頂けたらと思います。

あわせて読まれている人気記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました