DIYで使うおすすめ塗料は?塗装用具や塗料の特徴や選び方を解説

未分類
DIY おすすめ塗料と特徴 選び方

ここ数年人気が上昇し続けるDIY作業、その中でも壁や浴室や外壁んどさまざまな箇所でペイントという作業はでてきます。

ペイントをするときには作業する箇所などにより適した用具を選ぶことにより綺麗にペイントができたり作業効率が上がったりもします。

この記事では「塗料用具の種類」や「塗料の種類」について解説させていただきいと思います。

DIY 塗料用具や塗料の種類や特徴を理解して正しくペイント

DIYで作った物などをペイントすることは多くあります、これからDIYでのペイントをする方はいったいどんな塗料で塗料用具を買えばいいのか?と迷うこともあるかもしれません。
塗料は種類が多くどれを選べば良いかわからないなど迷いこともありますが塗る場所や素材に適した塗料を選択することが重要になってきます。
これからDIYでペイントなどをの作業をする方の参考になればと思います。

塗料の主な分類 「水性塗料と油性塗料」の特徴について

塗料の分類として「水性塗料と油性塗料」にわかれます、この2つの種類にはそれぞれの特徴があるため解説させていただきたいと思います。
水性の塗料は「」で油性の塗料は「ペイントうすめ液」が使用されていて水性塗料と言えば水などで落ちやすいイメージがあるかもしれませんが近年は塗料の開発もすすみ油性塗料とかわりないぐらい強固のものもあります。
乾いてしまえば水にとけることもないので屋外でも使用できる塗料となります。

水性塗料の特徴は?

水性塗料の主な特徴をまとめさせていただきます。
  • 乾燥時間が比較的短いが寒い場所では時間がかかる
  • においが少ない
  • 水で希釈が可能
  • 油性塗料とくらべ比較的扱いが簡単
  • 塗料の価格が安い

水性塗料は油性塗料にくらべ比較的乾燥時間が短くシンナーなどを含んでいないためにおいが少ないといった特徴があります。

塗料と言えばシンナーの嫌なにおいがするというイメージがあると思いますが水性塗料は基本的にシンナーなどの有機溶剤が含まれていないためペンキの嫌ににおいはしない塗料となります。
ただまったくにおいがしないという事ではなく塗料のにおいはもちろんしますがシンナーが含まれていないにおいを吸引しても体に有害がないという面でも安心して使用ができます。
油性塗料はシンナーなどが含まれているため換気ができない場所などで使用すると溶剤中毒になる危険があることを考えれば水性塗料は安心して使用できます。
最近の水性塗料は屋外などでも使用できる商品も多くありますが基本的には屋内のペイントなどでの使用で多く使われています。

水性塗料のデメリットは?

水性塗料にもデメリットはあります、デメリットのまとめ。
  • 油性塗料にくらべ寿命が比較的短い
  • 素材によち塗布できない
  • 寒い場所の作業では塗料の固まりが凄く遅くなることも
  • 水に弱いため作業中の雨などで塗料がおちることも
油性の塗料と比べペンキ事態の寿命が短くツヤなども早く落ちやすいというデメリットはあります。

また水性ということで水などをはじく素材には塗布できなかたったり上手に色がのらないなどもあります。

ほかには温度が低い場所や地域での作業ではペンキが固まるのが凄く遅くなったりと乾燥するまえに雨がふったりしたらペンキが流れたりすることもあり不向きな塗料となります。

  • 壁に塗れば調湿、脱臭効果で快適なお部屋に。
  • カラー: ホワイト
  • 正味量:10kg
  • 使用量の目安: 1パックで3~4(2回塗りです。1回目が完全に乾いてから2回目を塗ってください)※(使用量は下地によって前後します)10kg缶の場合、20~25塗れます。(2回塗り)
  • 【乾燥時間】 1回目:2時間、2回目: 12時間(20℃)
  • 塗ることのできる下地: センイ壁・ジュラク壁・砂壁などの古壁、しっくい、コンクリート、モルタル、合板、コンパネ (これらの上に塗る場合は、アクドメールなどのアク止めシーラーを塗って、よく乾燥させてから塗ってください。)、ビニールクロス(油汚れは取り除いてください。)、石こうボード(パテなどで目地処理をしてください。)
  • 揮発性有機化合物(シンナーなど)を使用しない水性タイプです。
  • センイ壁やジュラク壁の上にも、ローラーで塗ることができます。コテバケ、ハケでも塗れます。

油性塗料の特徴とは? 

続いて油性塗料の特徴などについてです。
  • においがある
  • 専用のうすめ液で稀釈する必要がある
  • 水性塗料と比べ寿命がながい
  • 金属などでもしっかり塗布することもできる

油性塗料の特徴はシンナーなどの有機溶剤が含まれているためにおいがきついですが塗膜などはしっかりしているため水性塗料より寿命がながかったりしっかり塗布することも可能です。

有機溶剤が含まれているため乾燥時間は比較的早いということで屋外のペイントにむいている塗料。
ウッドデッキの塗り替えや外壁や金属部分などの箇所で多く使われています。

油性塗料のデメリットは?

油性塗料のデメリットのまとめ。

  • においがきつく扱いや作業場所を選ばなければならない
  • 価格が高い商品が多い
  • 保管には注意が必要
  • 水性塗料にくらべ扱いが難しい

DIY初心者の方には油性塗料は扱いが難しいので個人的はおすすめはできません。

またシンナーなどの有機溶剤も多くふくまれているため換気ができない場所での作業などではにおいの吸引で体にもよくないことや中毒症状がでる可能性もあり使い慣れた人でないと危険というデメリットがあります。

水性塗料より塗膜が強固や水性塗料では塗れない素材などにも使用できるというメリットはありますが使い慣れた方でないと扱いが難しい塗料となります。

DIY初心者の塗料の選び方は?

DIY初心者の方の塗料の選び方は屋内作業なら水性塗料を選ぶことが基本でおすすめとなります。
水性で無臭の商品などもでていますので商品を選ぶときに「屋内用」や「無臭」など書いている塗料があるので選ぶ基準にして良いと思います。
水性塗料が濡れない素材などで油性塗料を使用する場合には換気はよくしシンナーなどの有機溶剤が含まれているので火気などにも注意が必要です。

塗料を購入する際に注意点はある?

塗料を購入する際にも使用用途などにより注意点があります。
屋内用の塗料だから屋内で使うのになんでも良い!という事ではありません、しっかり購入する塗料の説明を見ましょう。
ホームセンターやアマゾンなどネットで購入する場合でも塗料の重要な説明が載っています。
  • 塗料の塗れる面積
  • 乾燥時間に目安
  • 後片付けに使うのが「水」や「ペイントうすめ液」など

購入する商品でどのくらいの面積が濡れるのか?などを見てDIYで塗る箇所の面積などを見て1つで足りるのか?などの計算は必要です。

シーラー(下地処理剤)などの使用で塗料を塗りやすくより綺麗に

DIYで塗料をぬる箇所によりシーラー(下地処理剤)を先に塗ることによりより綺麗に塗ることが可能になります。
塗料を塗る素材により「塗料を吸い込む素材」などもあるため直接塗ると色ムラなどができる場合があります。
そこでシーラーを先に素材に塗ることでシーラーと塗料の密着性がでて綺麗に濡れ長持ちもするというメリットもあります。
塗料を吸い込む素材にシーラーを塗るとシーラーも素材は吸い込むのでしっかり塗らないとムラの原因になる可能性もあります。
シーラーにもさまざまな商品があり特徴があり、適している素材の違いやシミやたばこのヤニを防ぐ効果があるなど商品の特徴はさまざまです。
購入の前には説明をしっかり読んでから購入しましょう。
  • ニッペ ホームペイント 水性ヤニ・シミ止めシーラー 白色 1.6L
  • 室内のかべのタバコのヤニ、雨ジミ、油ジミ、木のアクなどのしみ出しを強力に防ぎます。 製造国:日本 素材・材質:カチオン型塗装下地剤 内容量:1.6L さらに詳細はページ下部をご確認ください。
  • 簡素パッケージとありますが、郵送時のことですので商品自体に全く違いはございません

DIY 塗装用具の種類について 

塗料を塗る際に使用する塗装用具の種類や選び方について説明させていただきます。
水性や油性により専用の刷毛(ハケ)が販売されていますので使う塗料やぬる箇所によりサイズを選びます。
油性用の刷毛(ハケ)は基本的に腰が強い刷毛(ハケ)が多くなっていて理由としては塗料に粘り気などがあるためです。
ニスを塗る刷毛(ハケ)は柔らかい素材の物が多く水性塗料には油性専用とニス専用の中間が多くあります。
刷毛(ハケ)選びのポイントは「塗料の種類や塗る面積」などで選びましょう、広い面積を塗る場合に幅が小さい商品なら効率がわるくなり余計に時間がかかってしまいます。
壁や天井を塗る場合はローラーを使用するのが基本となり作業効率が良くなります。

DIYの塗料の種類や特徴 用具の選び方まとめ

DIY作業の塗料の種類や特徴、塗装用品の選び方についてまとめさせていただきました。
DIYで使用する塗料は基本的には水性塗料がおすすめとなります、水性塗料が塗れない素材などで油性塗料を使用する場合は取り扱いには十分注意してください。
また塗装用具もする塗る物や箇所、素材で使用する刷毛を使い分けることで作業効率がよくなり綺麗に塗ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました